反省と決意

机の前に貼りました。
【淋しくてもオロオロ、じたばたしないこと】
自分の不安定な気持ちで他人を振り回すのは良くないと思いました。
ここ最近の自分はものすごくブザマ。自分史上最高に珍しいくらいの情けなさ、カッコ悪さ。
この年になってもまだこういうことやらかしちゃうんだ、と自分でも驚いています。
舞い上がって、血迷っていたんでしょう。本来の落ち着いた私に戻ろうと、今度こそ決意しました。
大丈夫。大人ですから、何度もピンチは乗り越えてきてますから、うまくやれます。
自分を律するクールさと変わらぬ、分け隔てない笑顔とジョークでサラリとかわす。
仕事はばんばんやる。
頑張れ、自分!エレカシの歌のように、何度でも立ち上がれ!
もうこれ以上、自分を貶めない。キッパリとそう振舞おう。
[PR]
by zuzumiya | 2013-10-23 01:32 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/18833896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zuzumiya at 2013-10-23 22:14
鍵付きコメント「み」様。
はじめまして。コメントありがとうございます。実は私、書くことは好きでも酷い機械オンチ(←死語?)で非公開コメントにコメントするのはどうしたらいいのか、よく分からずにここまでやってきました。こちらも非公開にすればいいのか、この書き方でいいのか、本当にわからないんです、ごめんなさい。今度機会があったら、教えて下さいね。 エレカシ繋がりの方はみな非公開を望むようで、ちょっと複雑です。メッセージ、しかと受け取りました。本当に嬉しいです。こんなダメな私でも、やっぱり“あなた”という誰かが見ていてくれて、あたたかい言葉をそっと残して行ってくれる。世の中、捨てたもんじゃないんだなあと思います。消せやしないだろう?、胸の奥の希望は、です。
Commented by zuzumiya at 2013-10-24 15:06
鍵付きコメント「rr」様。はじめまして。村山由佳さん繋がりでしたか。彼女の本は作風がガラリと変わったと言われる例のダブルと放蕩記しか読んでません。でも、そこにしか興味がなかったので、今はそれで十分かなと思っています。ある部分はビックリするほど考え方が自分と似ていて、とても影響を受けました。彼女の勇気というか、業というべきなのかな、寂聴さん並に凄いものを感じます。でも、きっとあれだけ人に受け入れられたのだから、女性というものの切実なる真実が書かれていたんでしょうね。読んでみて下さい。作家は作品として昇華できるけれど、パンピーが書いたら露悪的な文章と呼ばれてしまうのであそこまでは書けませんね(苦笑)。余談ですが、井上荒野さんも夫婦ものを書かせたらとことん巧いですよ。最近では『それを愛とまちがえるから』が良かった。
安井さんの本は個人的には少なくとも今年のベスト3には入いります。こちらも読んでみてください。また、覗きにきて下さいね。お祝いのコトバと励ましをありがとうございます。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧