暮らしのまなざし

ラテンは毛穴で聞くミュージック!

a0158124_1249386.jpga0158124_12472098.jpg「雨と休日」から購入したアルバム二枚、お盆の終わりかけに届きましたが、どちらもすごくいいです。
チャーリー・ヘイデンの『ノクターン』とマテオ・ストーンマンの『マテオ』。夜のキューバと昼のキューバって感じです。
『ノクターン』の方はまずジャケットの写真が「いかにも大人の夜!」って感じで、ネオンの灯る街角なんですけど、映画のワンカットみたいに渋くて。
先日、「情熱大陸」ってTBSの番組で、映画監督の紀里谷和明さんがキューバの夜を奔放に遊びまくってて、そんな彼の気取らないカッコ良さも手伝って「キューバっていいなあ」とちょっと思ってたんですよ。伏線でした。キューバって、タクシーがクラシック・カーなんです。ジャケットの写真にもありますが、それがまたさりげなくカッコイイ。
試聴してみたら、タイトル(夜想曲という意味)のごとく、大人の甘くて哀愁漂う夜なんですよ、これがまた、ベタに!
キューバのリズムの「ボレロ」というやつ、おもちゃの電子ピアノなんかにもついてきますよね、ボタンを押してもリズムはどこかで聞いたことあるけど、メロディー浮かばない、乗せられないみたいな(笑)。
でも、あの骨盤内にぼおんぼおんとこだまするようなのどかな感じ、好きですねえ。
以前に「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」が爆発的に流行った頃、映画も音楽もあの頃の自分にはなぜか響いてきませんでした。「ラテンはリズムも声も派手で熱すぎる」って感じで、敬遠してました。最近、昭和の懐メロがマイブームになって、「黄昏のビギン」とか聞くようになって、これも今思えば伏線だったわけですけど、なんとなく「ボレロ」のリズムって心地いいなあと感じてきて。プレイヤーの顔ぶれの凄さとかあまり関心ないので(凄いみたいです!)知りたい方はネットで調べてくれたらと思いますが、とにかく、テナーサックスとかピアノとかヴァイオリンとか醸し出す音色が、蒸し暑い夜気とからまって、より一層色っぽく艶っぽく変化して、皮膚全体からしっとり染み込んでくるようなアルバムです。ラテンって、毛穴で聞く音楽なんでしょうかねえ(笑)。
かたや、『マテオ』は、濃厚さがぐーんと薄まって、昼下がりに聞ける感じのアルバム。
もともとマテオ・ストーンという人はキューバ音楽好きのアメリカ人だそうで、ラテンの男じゃないので、裏声で、ものすごく優しく、時に気だるく歌ってくれてます。そうだな、たとえて言えば、キューピーマヨネーズのハーフの方のCMにでも使えそうな、ちょっと都会的なこじゃれた感じのサウンドかな。外のクマゼミのシャッシャッという独特の鳴き声が楽器の一つみたいに聞こえて、なぜか合うんですよ。洗濯物のワイシャツの袖を持って、ベランダでフラフラと踊りだしたくなるようなやさしい軽やかさ(笑)。
昼には『マテオ』で、夜には『ノクターン』で、正真正銘本物の「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は濃すぎて素通りしちゃう偏った私ですが、この二枚はおすすめです。
昔から夏の宵はボサノバがお決まりでしたが、今年からはキューバンミュージックです。
暑いうちにどうぞお酒を片手にお試しあれ。
[PR]



by zuzumiya | 2013-08-24 12:41 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/18429495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧