懐かしみ欲、噴出!

NHKの音楽対談番組でサンディさんが好きな歌として挙げた「黄昏のビギン」がきっかけで、今、私の中では“懐メロブーム”が起こっている。
「黄昏のビギン」は昭和34年の水原弘(「黒い花びら」のヒットで有名な人)の歌。ご本人の歌よりCMにも使われたちあきなおみのカヴァーしたスローバラード調の方が有名かもしれない。YouTubeにあるので一度聞いてみてほしい。ほんとに絶品である。
ちあきなおみといえば、鼻の脇に大きなホクロをつけたコロッケの「喝采」のものまねが頭に浮かんできてしまうのだが、実はものすごく歌が上手い人なのだった。ものまねされるって、いいような悪いようなである。私がどうしてもプレスリーを嫌いなのも、西田敏行だかが腕からフリンジをビラビラさせてプレスリーのものまねをしていたのを「カッコ悪いな」と思ってしまったのが原因なのだ。
ちあきの「黄昏のビギン」から始まって、「星影の小径」(昭和25年 小畑実)や「蘇州夜曲」(昭和15年 渡辺はま子)、これらはアン・サリーのカヴァーがすごくいいのでおすすめ(「ムーンダンス」というアルバム)で、それから「水色のワルツ」(昭和25年 二葉あき子)、「雨に咲く花」(昭和10年 井上ひろし)、「アカシアの雨が止む時」(昭和35年 西田佐知子)など、昭和40年生まれの私にしてみれば自分が生まれる以前の歌ばかりで、なんで知っているかというと、祖父母と一緒によくテレビの懐メロ番組を見ていたからである。あの頃の歌をYouTubeでぽつぽつと検索して聞いてみると、ほんとにいいものが多い。歌詞も大人の雰囲気で非常に上手いし、メロディーも覚えやすく、染み入るような哀愁がある。一青窈だとか平原綾香とか平井堅とか、もしかしたらやっているかもしれないが、歌のうまい歌手に是非、昭和の名曲に挑戦してもらって、新たにカヴァーしなおしてみせてほしい。きっとヒットすると思うけどなぁ。
同じように青春時代を送った80年代の洋楽もYouTubeで検索してみた。スパンダー・バレエの「True」のコーラスのとことか、ロキシーミュージックの「アヴァロン」のあの揺らめく感じとか、好きだったなぁ。それから、ジャパンに似た美形のバンド、デュラン・デュラン。当時は“ニューロマンティック”と呼ばれてたんだっけか? カルチャー・クラブなんかも好きじゃなかったけど騒がれてたよな。デュラン・デュランはイギリスのみならずアメリカでもヒットしたけど、「Reflex」のサビは今聞いてもカッコイイ。高校時代、友人に連れられてフィルムコンサートへ行ったんだよな。それから、トーキングヘッズとかユーリズミックスとかシンプリー・レッドとかブロンディとかゴーゴーズとか(笑)。
コラムニストの酒井順子が40代になると「懐かしみ欲」が出てくると書いていたけど、ほんとにそうだ。
[PR]
by zuzumiya | 2013-07-24 23:30 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/18164686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧