雨の日には雨の日の

買い物をした店先で空を見上げて、傘を持つのが面倒だなぁと思っていたら、隣の老婆たちがゆったりと「農家にとっては恵の雨ですからねえ」「今降っておいてもらわないと水不足になりますものねえ」と微笑み合っていた。不快で邪魔な雨をよきもの、ありがたいものとして受け容れる日本人の感性。そういえば、こうやって季節感を育んできたのだったと、ふと思い出した。
先日、息子のすすめで新海誠さんのアニメの最新作『言の葉の庭』をDVDで見た。
雨の新宿御苑の描写の素晴らしかったこと。濡れた緑のさまざまな濃淡。草むらの暗がりを時折抜けてくるひんやりとした微風。土の匂い、樹木の匂い、水の匂い。雨音に閉じ込められた静寂という“圧”。たちまち、感覚と記憶が呼び覚まされる。
この描写の徹底した細やかさには、梅雨という季節への日本人特有のメンタリティー(愛と叙情性)を感じる。雨がもたらす癒しを含んだ甘やかな孤独、感傷。それもまたよきものと浸るしなやかな情緒。
ジメジメして蒸し暑いと嘆くばかりの私は、せかせかとして、心のなかの襞は乾いていたようだ。
雨の日には雨の日の心持ち、慎み、愉しみ方がある。
そんな折、西荻窪のCDショップ「雨と休日」からメールマガジンが届いた。
店主が選曲・監修した、雨をテーマにしたコンピレーション・アルバムが出来たという。
その名も『窓につたう雨は』
試聴サンプルを聞いてみたが、静かなジャズヴォーカルが中心で、なかなかいい。
我が家はマンションのすぐ脇を大きな街道が通っている。曲の合間に車のタイヤが雨を弾いていく音が重なって、まるで雨の効果音が入っているみたいだ。ひょっとしたら、外の雨音も一緒に味わう、そんな心憎い計算がなされているのかもしれない、と笑った。
梅雨という季節の旬を2作。あなたにも。
[PR]
by zuzumiya | 2013-06-22 08:29 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/17979704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧