暮らしのまなざし

人に愚痴を言うことは

会うたびに仕事の愚痴しか言わない人がいる。
「今日も怒られちゃったよ」と半分沈んで半分は怒って、「聞いて聞いてー」とせっついた調子で話し出す内容は、聞けば確かに注意されたといっても、あまりにつっけんどんな物言いをされていて「何もそんな言い方しなくてもいいのになあ」「どうしてそんな事いうのかねえ」と思わず同情する話なのだが、さらに聞いていけば「パートだからって馬鹿にして、下に見てるのよ。『お疲れ様でした』の挨拶もないんだよ」とか「事務所だって『○○さん、もう慣れましたか』のひと言も言ってこないし」とか「お菓子食べて休んでばかりいて、あれは一体どういう休憩のシステムなんだろう。こっちは水分補給も気が引けてできないでいるのに~」とか「週に3日じゃ覚えられないわよ」とか、矢継ぎ早に弾丸トークで出るのは怒りの込められた愚痴ばかり。
こちらもノリに合わせて愚痴のひとつも披露すれば、ほとんど上の空の軽い相槌で、いかにも「そんなのより、私の話を聞いて」と言わんばかりのせっつく勢いで、「それでね」とまたしても自分の話を始める。
こりゃ、負けた~と苦笑して相槌を打ってはいたが、時にまじまじと彼女の顔を見てしまった。
「ああ、ここにも夫と家族に見放された孤独な主婦がひとりか…」と哀れに思う。
家に帰って夫にこの手の愚痴話をしても、適当に聞き流されて親身には聞いてはもらえてないだろう。年頃の息子や娘も自分のことに精一杯で「うるさい母親だなあ」と取り合わないに決まっている。きっと、家でもこんなふうに一方的に「大変だ~」「疲れた~」と愚痴ってばかりなんだろうなあと、つい想像してしまう。知らないだけで、夫も大変、子供たちも大変、みんなそれぞれに鬱屈を抱えて生きているから、ひとりで何とかせねばとは思わないのかな。
素敵な大型マンションに住んで、ずうっと専業主婦で、ようやく社会復帰と就いた仕事は週に3日、しかも4時間の雑務。私にしてみれば、稼ぎのいい夫に大事に養われ守られた温室育ちの奥様だ。
「週に3日とか言ってないで週5日出れば、覚えられるんじゃないの?」と私が冗談っぽく言えば、「そんなにやったら、倒れちゃうもん」とか(私は週に5日出てるし、前の図書館の仕事はほとんど休みなく家でも働いていましたが)。仕事が覚えられないなんて覚えようと頭を下げて訊いたり、メモしたり、整理したり、陰で努力してるのだろうか、とか考えてしまう。何より、そんなに仕事が嫌なら辞めりゃいいのに、ほんとは十分食べていけるんでしょ?と思ってしまう。
おそらくは彼女のふくよかでほわ~んとした柔和な容貌(私はそれは彼女のいいところだと思うし、何より彼女が家族に守られて生きてきたことの証拠だと思う)やちょっとスローモーでルーズな感じ(面接日に遅刻し、その後の打ち合わせにも何と15分遅刻した)など、周りに「このおばさん、まるっきし主婦然としてるけどマジに働く気あんの?大丈夫?」と思わせる何かがあるんだろうなあ、とは思う。よく女の世界にはありがちだが、のほほんとしてる彼女に向かって「社会ってね、思いのほか厳しいもんなんだよ」と苦労しているみんながぶつけたくてしょうがないんだろう。苦労はしないに越したことはないんだが、少々キツイ言い方かもしれないが、自分の愚痴ばかりを吐き出して、浴びせられた方の身になることがこれっぽっちも想像できないくらい人に飢えて人に甘えてること、その恥ずかしさをどうしたら気づくのかな。
[PR]



by zuzumiya | 2013-05-30 00:13 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/17867705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

夢のなかの街
at 2017-05-20 09:32
母の日=妻の日
at 2017-05-14 18:37
ランチョンマットの食卓
at 2017-05-14 01:11
私の吉田さん2
at 2017-05-07 16:21
母の凄さ
at 2017-05-07 15:00

検索

ブログジャンル