暮らしのまなざし zuzumiya.exblog.jp

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

とりどりの春

春は暮らしに変化を起こしたくなる季節。例えば朝食。大のコーヒー党の私ですが、どういうわけか春になると光に誘われて紅茶の赤が恋しくなります。最初はストレートで、2杯目はレモンの絞り汁を垂らして、鮮やかに色が変わる瞬間、気持ちも華やぎます。
それからジャム。紅茶ならパンにはオレンジやレモンのマーマレードや杏や林檎のジャムを添えたくなります。籐籠の中に小瓶に分けたジャムを入れて食卓に出せば、その日の気分で選べて楽しめます。百円ショップでシンプルな小ぶりの瓶を探して、移し替えてみたらどうでしょう。
子供の頃、母の家に行って浴室に入ったら、しつらえた棚に輸入物のさまざまな香りと形のシャンプーやコンディショナー、ボディソープのボトルが立っていました。「どれを使ってもいいわよ」と言われ、嬉々とした覚えがあります。母ほどの贅沢はできないにしても、今ならボトルはやはり百円ショップで揃えて、詰め替え用のパックで買えば香りを試せます。ジャムは途中で飽きて冷蔵庫の奥へ追いやられたり、いつの間にかソープの香りに慣れてバスタイムがリラックスタイムにならなくなることを思えば、上手に“とりどりを楽しむ”ことは贅沢でなく大事なことだと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/17455185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zuzumiya | 2013-03-14 13:14 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)