暮らしのまなざし

春はベランダから

「春がきた、春がきた、どこにきた 山にきた 里にきた 野にもきた」
この頃、洗濯物を干しながら口ずさむ歌。日の光が強くなって、家々の屋根や通り過ぎる車のボディーが一瞬キラリと光って見える。春は光に宿っている。まばゆい光が人に「動け!」と誘うのだ。童謡の幼子のように、嬉々として心は弾みだす。さあ、何かを始めよう。
冬の間、ベランダの端に除けておいた空のプランターに花を植えよう。強い風がおさまったら、自転車をこいで少し遠くの大きな花屋まで行ってみよう。赤や黄色やピンクに紫。小ぶりで可愛らしい花を買おう。毎日水をやって、日光を浴びせて、花をどんどん咲かせよう。春に生き物を育むことは暮らしに新鮮なハリと気持ちのいい循環を与えてくれる。つぼみがひとつ開くたび、胸のなかで「万歳!」と叫びたくなる。
[PR]



by zuzumiya | 2013-03-11 22:08 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/17441604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧