もらい笑い

仕事と家事の忙しさで一日の時間が過ぎていき、気がつけばパソコンの前に座ることもなくなっていました。近所の老人ホームへ昼食と夕食の食事介護の仕事に出かけて、もうすぐひと月になります。
入居しているお年寄りやスタッフの名前、仕事の手はずや勘所も憶えて、ようやく少しだけ気持ちに余裕が持てるようになり、こうして今日は机に向かっています。
私が通っている館はありがたいことにとても職場の雰囲気が良く、スタッフ同士の連携や仲の良さが伝わってくるところです。私が入ってすぐの頃、娘と同じ年で、ヘルパーの免許も持っている一ヶ月先輩の女の子が一枚の紙切れを持っていました。聞くと、「アンケートみたいなんだけど、スタッフ全員でそれぞれの良いところだけを書き出すんだって」と教えてくれました。定期的に行っているのでしょうか、とても良い習慣だと思いました。もともと人の良さを見つけることの得意な私ですが、それを聞いて以来、スタッフの顔と名前を憶える際に、一緒に良いところも探して心に刻みました。
たしかに仕事をしていても自然と笑顔になることが多いです。
まずは、痴呆のお年寄りたちが食堂に一同に会した際の、それぞれの痴呆のなせる賑やかさ。食事はまだかと「おーい!」とスタッフに向かって大声を出している方がいれば、それをいきなり「うるさいよッ!」と激しい剣幕で怒鳴り散らす方、目を閉じて一人で妄想の誰かと喋っては相槌を打っている方、伏せていた顔を突然上げ、何かを必死に懇願してはまた顔を伏せてしまう方、そして、痴呆なのか正気なのかわからないくらい、歯に衣着せぬ物言いでスタッフの悪口を軽く言ってのける方、奇抜で突飛な妄想のおしゃべりが止まらない方…。ほんとにいろんな方がいて、まぁ賑やかです。それに対して、勝手知ったるスタッフたちのあたたかい、ユーモアあふれる受けこたえの微笑ましさ。
先日、耳にした会話で面白かったのは、「○○さん(スタッフの名前)がダンナの持ってきた油揚げをみーんな食べちゃったんだよ」と言ってのけるおばあちゃまに、「また私が悪者なの~? 私、キツネじゃないんだから油揚げなんて食べてないもん」と返しているのが面白くて、「なんで、油揚げ?」と食事の介助をしながら私も肩を震わせて笑ってしまいました。
でも、笑いというのは素晴らしいものです。たとえ、話している内容がわからなくとも、目の前でスタッフみんなが笑っている、介助している私も笑っている、ただそのことがうれしくて、食事をしているおばあちゃまが“もらい笑い”をすることがよくあります。
そんな時、「みんなが笑ってると楽しいねぇ。よかったねぇ」と声をかけて、しみじみとおばあちゃまの手をさすってしまいます。
家庭のような楽しい雰囲気で食事をする。食事時間を楽しむ。お腹と心でしあわせを感じる。「機械的に食べ物をきちんと摂取させること=食事」ではないことをここのスタッフは分かっている、そのことがお年寄りの身内でなくともありがたく、頼もしいことと思えてなりません。
[PR]
by zuzumiya | 2013-01-31 15:30 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/17241465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧