暮らしのまなざし

またしても煮込んでます

曇っていて外が寒そうな今日もストーブでのんびり煮込み料理を作っています。
私が図書館に勤めていた頃、展示されていた本『作ってあげたい彼ごはん』が気になっていて(タイトルが可愛らしいでしょ?)なんとなく頭の隅にあったのですが、その著者であるフードコーディネーターのSHIORIさんがブログをやっていらっしゃることが最近わかり、献立に迷った時はクックパッドより彼女のブログの方をまず見て参考にさせてもらっています。参考にというのは、私はだいたいいつもレシピどおりには作れないからです(苦笑)。
今日は彼女のレシピをいくつか書き写して午前中を過ごしました。なんだかしあわせなひとときでした。今現在で、7枚のメモが机の前に貼ってあります。
またしても料理に目覚めていますが、たぶん、いつも言っているように、料理にこだわる時はきっと心に余裕があるんでしょうね。ありがたいことです。
どうせストーブつけているんだし、一石二鳥的な、経済的な理由もありますが、ストーブの火でひたすらコトコト煮込むというのがなんだか精神的に安らぐ(原始の記憶?)というのがあって、冬はストーブでの煮込み料理にハマってしまいます。最新のオール電化にして停電したら暖もとれないし料理もできないという話も聞くので、昔ながらの石油ストーブ(上に鍋を置いて料理できるやつ)を一家に一台持っておくのがいいと思います。
さて、今日は彼女のレシピの「鶏のほろほろ煮」を自分流にアレンジしています。手羽元を醤油やお砂糖やお酒と生姜のスライスとゆで玉子と一緒に煮込む簡単な料理です。鶏肉の身がほろほろにほぐれるほどやわらかくなるそうなので「ほろほろ煮」なんだそうです。
彼女のレシピはいつでも2人分ですが、分量など家族4人分に単純計算して作るんですが、どうも煮汁の量が多い感じがして、「ええい、それなら」とゆで玉子以外にも大根の輪切りを入れちゃいました。味付けもなんとなく主婦の勘で“お酢”を加えてしまいました。
それで、どうなるかわかりませんが(現在、煮込んでいる最中)たぶん、煮汁が少なくなるまで煮込んでいけばいい感じに材料に色がついて、美味しくなるような気がします。
もちろん、料理しながら、読書したり、リラクゼーションのCDを聞いています。
胎教に音楽がいいといいますが、子育てにも音楽はいいと思います。猫のももちゃんを見ているとそう思います。もともと静かな音楽が好きな私ですが、そういう曲を流しているとももがへんに荒ぶらず、おっとりしてきたように感じます。睡眠も深いような気がします。音楽で猫の性格が変わるのかわかりませんが、人間がゆったりして心地いいことは猫にもいいんだろうと思います。さて、読書に戻ります。
[PR]



by zuzumiya | 2012-12-15 15:05 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/16984347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

またしても優男にやられる
at 2017-04-30 06:59
どんな町に住みたいですか?
at 2017-04-29 22:22
家の表情
at 2017-04-29 09:14
有資格と無資格の保育
at 2017-04-26 23:15
認めてくれたのかな
at 2017-04-23 14:08

検索

ブログジャンル

画像一覧