暮らしのまなざし

私、首、吊ります!

勤めていた図書館でいつも本のぎっちり詰まったコンテナを持ち上げていたため、肩がやられたんだと思っていました。
左肩は昨年の秋頃から痛み出し、上着を羽織るとき、キーンと痛みます。後ろ手に手を上げようとするともはや腰までしか上がりません。そんな状態がもうずーっと続いていて、ついに先月には右肩も痛くなりはじめ、特に背中の肩甲骨の脇が痛みだし、寝ていても気になるくらい痛むという具合になりました。朝起きると手もむくんでいました。
年齢が年齢だから、五十肩だとばかり思って、それなら時期がきたら自然と治るだろうと、だましだまし暮らしてきましたが、やっぱり何にもしていないのに両肩が痛むのは辛いもので、ついに整形外科を受診したんです。
レントゲンを撮ると、なんと五十肩ではなく、“変形性頚椎症”だということがわかりました。悪いのは肩ではなく首の方だったんです!
医者の説明によるとそれぞれの頚椎の骨の間には隙間がなくてはいけないのに、加齢により(!)その隙間がなくなって、つぶされて圧迫された神経の先にある肩やら背中やらが痛んでいたそうです。痛み止めとリハビリで進行を食い止める治療が始まりました。
リハビリですよ、リ・ハ・ビ・リ! 
整形でお年寄りに交じってリハビリをやるんですよ!
しかも、私のはいちばんカッコワルイ首の牽引! 椅子に座って、首吊りの輪のようになったベルトに首を突っ込んで、6キロの重さで10分間ほど首を上部に引き上げて牽引してもらうんです。これ、かなりみっともない姿です。
看護婦さんからは「都合のつくかぎりやれ」と言われたので、まあ、週3ぐらいのペースでやってみようかなと思っています。1回が320円です。
今日も行ってきました。
先週いた品のいい小さなおばあちゃまが、また同じところに座って重りをつけた足を上げ下げしていました。このままだと、“いつものお仲間”として認識され、挨拶から世間話などしなくてはいけない雰囲気になるのでは、とちょっと心配しています。
あさって、また行く予定ですが、6キロだとただ頬のあたりがぐいっと引き絞まる感じがして、あまのじゃくな私は妙に反動で「伸ばされるもんか」と力んでしまう気がして、効いてるんだか効いてないんだかわからないので、次回は7キロに挑戦してみようと思っています。と書くと、まるでウエイトリフティングのようです。
看護婦さんの話によると、女性はだいたい10キロまでと言っていました。10キロで吊り上げられたら、さすがに首が伸びて、イメージとしては気持ちがいいような気がするんですが、どうなんでしょう。お尻が浮いたりして!
せっかくリハビリしたのに、そばのスーパーで安売りの猫砂8キロを買ってしまい、それを持って歩いて帰ってきたので、何の意味もなかったんじゃないかと反省しております(苦笑)。
[PR]



by zuzumiya | 2012-12-03 15:57 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/16909927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

またしても優男にやられる
at 2017-04-30 06:59
どんな町に住みたいですか?
at 2017-04-29 22:22
家の表情
at 2017-04-29 09:14
有資格と無資格の保育
at 2017-04-26 23:15
認めてくれたのかな
at 2017-04-23 14:08

検索

ブログジャンル