暮らしのまなざし

子育てのご褒美

仕事を辞めてから専業主婦に戻ると、子供たちが待ってましたとばかりに私に甘えてきました。「7時に起こして」「あのお弁当飽きちゃった」「チョコレート買ってきてくれた?」「セーター洗濯しておいてね」などなど、毎日いろんな注文がきます。時にはあまりのわがままにちょっとカチンときて「お母さんだっていろいろ家事があって大変なのよ」と文句を言うと、娘は「よそに仕事に行く方がずっと大変でしょ?」と言い返してきます。彼女は美容院で7時間立ちっぱなしのアルバイトを始めて、先日初めてのお給料を頂いてきました。学校ではなく社会で他人と折り合って仕事をすることの大変さがひしひしとわかってきた娘です。そう思えば、まあ許してやるかと親バカが顔を出してしまいます。
深夜になるとゲーム制作会社に勤めている息子が帰ってきます。作品の締切期限が近づいていて、今年入ったばかりの新入社員なのに、残業と休日出勤で仕事三昧の日々です。忙しくて使いようがないというお給料から4万円も食費として家にお金を入れてくれているのに、家で食事ができるのは土日のみという具合。そんな彼に私のできることは仕事での愚痴を聞いてあげること、それから「日本だけじゃなく全世界レベルで、子供と家族の笑顔を作るんだから、すごい仕事してるんだよ」と励ましてあげることぐらいです。
先日、二人の子供たちの出勤時間が重なり、朝一緒に出かけたことがありました。
「行ってらっしゃい」と玄関から送り出し、マンションの廊下を二人前後して歩いていくその背中を見た時に、何とも言えない喜ばしさで胸がいっぱいになりました。子供たちは遊びにいくのでなしに、今日一日世の中の誰かのために働いて尽くしに行くのだと思うと、その背中が見られただけで私の子育ては成功したんだ、とはっきり思えました。うれしいやら、誇らしいやら、ようやくここまで来たか、と思いました。子育てのその時々のさまざまな苦労は、この一瞬のこの晴れやかさのために、与えられていたのだと思えました。
幼いお子さんをお持ちで子育てにてんてこ舞いのお母さん方に、思春期のお子さんに毎日頭を悩ませているお母さん方に、子育ての先にはこんなご褒美も待っているものよ、とちょっとお知らせしたくてこれを書きました。
[PR]



by zuzumiya | 2012-11-30 15:23 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/16891629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

検索

ブログジャンル