アイロンがけから教わる

家事の中でいちばん苦手なのはアイロンです。せっかちな性分なので、早く済ませようと慌てるから、アイロンが済んだところに再び布が縒って、また折り目をつけてしまうこともたびたびあります。そういう時のアイロンの律儀さには腹が立ちます。女性の真の性分を知るにはアイロンがけをさせるのがいちばんかも知れませんね。
夫は昔、自由業でしたからYシャツなど着たためしがありませんでした。転職してからは背広姿なので、Yシャツのアイロンがけがあります。でも、妻の私が大のアイロンがけ嫌いですから、夫の買うシャツはアイロンをあてなくても洗濯ジワになりにくい“形状記憶”のものばかり。私も仕事をしていた頃はそれに甘えてきましたが、仕事をしていない今はアイロンがけから逃げるわけにも行かず、先日たまったYシャツのアイロンがけをしました。自分のや家族のものも含めて、10数枚を昼から夕方までかかってやりました。頭が痛くなりました。
それで、アイロンをあてながらしみじみと思ったのは「私がなぜ、こんなにもアイロンがけが嫌いか」という理由です。せっかちで失敗するのも嫌なんですが、もっと嫌なことはアイロンがけをしたYシャツが明日にはもう汚れ物になって洗濯される運命であること、それがたまらないんです。あんなに頑張ってアイロンがけしたのに、1日でパーになる、そのはかない徒労感が嫌なんですね。
考えてみると、サラリーマンの奥さま方は旦那さまのために、当たり前にずっとそれをやってきてるんですよね。それで、思い出しました。
真の愛情というものは、こういうはかない徒労感の繰り返しなんて物ともしないんだってことを。与えて無くなればまたすぐに補充して与える。ほら、お母さんのおっぱいと赤ちゃんの関係みたいに。そういう循環の素になってるエネルギーが愛情であり、またその循環からもあらたに愛情が生まれてくるってことだったなぁ、と。そう考えたら、サラリーマンの奥さま方を俄然、尊敬しました。愛情深い人たちなんだなぁ、って。
はかない徒労感にもめげずに私もアイロンをかけよう、かけ続けようって、心に決めました。
ええ、頑張りますとも、奥さま方。
[PR]
by zuzumiya | 2012-11-10 11:59 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/16770810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

私の母はカッコイイ!
at 2017-09-19 20:34
私、見てたから
at 2017-09-19 15:23
私の流儀
at 2017-09-15 23:48
保育士あるある2
at 2017-09-13 21:05
シアワセは何かに託してはいけ..
at 2017-09-10 08:44

最新のコメント

検索

ブログジャンル