暮らしのまなざし

またもや、問題が!

今月の7日に我が家にやってきたももちゃん。
猫と里親との相性をみるための1週間のお試し期間(笑)がありましたが、初日からオシッコなどの粗相はなく、「借りてきた猫」の言葉はどこへやら、家族全員に自ら近づいていってプレゼンテーションしまくり、怖じることなくそこらを探索し、1日ですべての部屋をテリトリー化した非常に頭のいい子です。野良時代に風邪をこじらせた影響で、左目はうすく膜がはったように濁っていますが、生活には支障はなさそうです。どこかでアビシニアンの血が混じっているらしく、縞々の長いしっぽがチャーミングなスレンダー美人です。
敏捷で、おとぼけで、好奇心いっぱいで、努力家で…。ハンディはありますが、家族全員にすぐに懐いてくれた心根の良さがうれしくて、良い猫に巡りあったと感謝しています。

という可愛いももちゃんですが、またしてもてんてこ舞いの事件が…。
家に来て3週間すぎたあたりから、どうも少しずつ便が柔らかくなってきたなぁと思っていましたが、食欲もあるし、元気に跳ねくり回っているので様子を見ていました。時おり、お尻をソファカバーに擦り付けて前進する“尻歩き”(笑)が見られましたが、カバーの布の感じがそうさせるのか、お尻がたまたまちょっと痒いのか程度にしか思っていませんでした。ところが昨日になって7回もの便をし、最終的には水様便になってしまい、さらには例の“尻歩き”の後に、白い短い糸のようなものが2本見つかり、割り箸でつまむと微かに動いた気がして、思わず悲鳴をあげてしまいました。もしやと思って、息子にネットで調べさせたら、すぐに“回虫”だとわかりました。家族全員で「ぞぞぞー」となりました。モノホンを見たのが初めてで、うねる感じが強烈で、それがうじゃうじゃとお腹の中にいるのを想像すると、それからは申し訳ないけれど、ももちゃんを見る目が引きつりました。

でも! 野良猫を引き取ることにしたのですから、そこは致し方ないんです!
恐怖に引き気味の息子に「いい時も悪いときも、ちゃんと世話してあげなきゃ」「この子が悪いわけじゃない。野良猫で一生懸命生きてきたんだから」「ペットは“暖かくて可愛く動くおもちゃ”じゃないんだよ」などと話しながら、保育士時代を思いだし、便や虫の処理、消毒、お尻や手足の清拭をしました。

そして、今日は病院へ行き、駆虫薬を飲ませ、下痢止めをもらってきました。
帰宅してからも下痢をして、“尻歩き”の後、見事に回虫を廊下にのたうち回らせたももちゃん。
一瞬、躊躇したものの、すぐに手袋でつかんで処理しました。母猫は強くなりましたよ!

今、昼寝から起きて私の肩に乗って、この文章を見ています。ももちゃん、頑張ってはやく治そうね。
[PR]



by zuzumiya | 2012-09-26 14:34 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/16406333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧