暮らしのまなざし

鶴橋監督の暑い夏。

鶴橋康夫監督のドラマが2本、『砦なき者』と『天国と地獄』、到着した。
今日は『砦なき者』の方を見た。妻夫木くん、映画の『悪人』が最初の悪役かとばかり思っていたら、このドラマが2004年放映だから、『砦』の方が先だったということかな? 妻夫木くんを殺人者役として目をつけた鶴橋監督って、やっぱりすごいですね。それから、最後の役所広司のセリフ、亡くなった脚本家野沢尚さんのテレビへの想い、姿なき視聴者への儚い想いのような気がして、ちょっと複雑な気持ちになった。
実は『魔性』の頃から気づいてはいたのだけれど、鶴橋監督って、ヘリコプターの音や工事の音を好んで使いませんか? 特に夏の演出、じっとしていると汗の雫が垂れてくるような暑い夏の演出に、窓辺のシーンなんかでは必ず「トッカン、トッカン…」って、重機が鉄板を打ち付ける単調な音を入れてくる。あれもまた演出なのですね。いわゆる街の騒音なんだけど、庶民の生活感というより、あの単調な音が繰り返されるだけで、うだるような暑い夏がさらに暑くなって、どこか無性に神経に障る。あの「トッカン、トッカン」の音で内側の理性までつぶされ、壊れていきそうになる。つくづくうまいなあ、と思う。
[PR]



by zuzumiya | 2012-08-28 00:46 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/16046196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

夢のなかの街
at 2017-05-20 09:32
母の日=妻の日
at 2017-05-14 18:37
ランチョンマットの食卓
at 2017-05-14 01:11
私の吉田さん2
at 2017-05-07 16:21
母の凄さ
at 2017-05-07 15:00

検索

ブログジャンル