その名のもとに。

息子が初任給で私と夫に箱根の旅行をプレゼントしてくれた。
凄いことだ。親の私でもやれなかったことをしてくれる。うれしいのと同時に、頭が下がる。
私は、自分のことばかり考えて、決していい母親じゃなかったと思ってる。
ただ、ものを創るという一点に関してだけは、いつでも息子に向き合い、誠実に自分の言葉で語ってきたと思う。それは、親子というより同志の感覚、心意気だろうか。何でもそうだが、切なさや哀しみのかけらを心に刺して生きてるってことが言葉の真実味を増す。
親の私がいつか死んでも、出来上がった作品を目の前に「こんなんじゃ、おカアは絶対許さねえだろうな」と苦笑いする、そんなふうでいてほしいと思う。そして、いつの日にか「これで、どうだ、おカア」と胸が張れる作品が出来上がってくれたらと思う。いつまでも、たくさんの人が幸せになるように、それだけを願ってやまない、そんなクリエイターでいておくれ。
親は祈りを込めて、その名をつけたのだから。
[PR]
by zuzumiya | 2012-05-15 14:04 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/15310049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧