直感を信じること。そして、使命感。

ひさしぶりの更新です。
例の講演会の件なのですが、講演料と場所のからみでどうもうまく運ばず、もうダメかな、企画をぽしゃろうかなと何度か諦めかけていました。でも、そのたびに通勤途中の電車の中で、講演をお願いしている先生の本を読んでは「お金の件は別にしても、ああ、やっぱりいいこと書いてるよなあ」とか「児童担当として、子供の育成に携わる者としてもっとしっかりせねば…」とか、いろいろと気づき思い直して、なんとか講演実現への希望をつないできました。

私は企画の発案者ですが、お金の件もあるので、館長にいったん交渉役を渡していました。でも、館長からのまた聞きではさまざまな想いが交錯しているようで、何となくスッキリしません。たとえ先生に怒られたり幻滅されたりして、企画自体がぽしゃろうとも、館長を通してではなく、発案者であり読者でもある私が先生ともう一度話をして、どんな形であれ、納得したいと思いました。
館長から「僕から最後に話をするから、どうしても料金的なことで折り合いがつかなかったら、残念ですけど今回は縁がなかったことで諦めてください。でも、代わりの方として、公共図書館でも講演をやっていらっしゃる○○さんはいかがですか?」とまで言われていました。何となく名前は知っている方でしたが、私はその方の本は読んでいません。

先生との出会いはほんとに偶然で、「この人はいい!」という直感、ひらめきでしたが、後に数冊本を買ってまで読んで、その言葉、内容にいたく感動し、「この方なら子育てをしているお母さん方をそっと癒したり、やさしく勇気づけたりできる」「『言ってることはごもっとも!』というような、とおりいっぺんの講演会でなく、心が洗われたような感動を残せる」何より私自身が「自信を持ってすすめられる」と確信したから、心を込めた長い手紙を書き、ずぶの素人が体当たりで交渉したのです。

いくらお母さん方のためとはいえ、「誰でもいいという訳じゃない」
いろんなことに流されて企画がぽしゃりかけた時、もう一度初心にかえると、ダメもとという勇気が湧いてきました。館長には内緒で、一か八かの賭けですが、先生のご自宅に私が電話をしました。

すると、館長と私が先生の気持ちや立場を深く考えるばかりに、ちょっと話がややこしくなっていただけとわかりました。ざっくばらんに心を開いて先生とお話をしてみると、そのもやもやも晴れて、お金の話も折り合いがつき、ついに私が提示していた当初の金額と規模で講演会を引き受けて下さるということに決まったのです!
先生ほどの方ならほんとに「バカにしている」というほどの少ない金額なのですが、こちらの熱意が伝わったのでしょうか、ほっとしました。

館長にはすぐ「すみません、また突っ走りました」と謝りの電話を入れましたが、「大丈夫。自分でやるヤツにはやらせるから」と笑って許してくれました。あとは、館長に場所の交渉を小学校とやってもらい、私がまた心を込めて、講演会の宣伝チラシを作るだけです。6月下旬には講演会がひらけそうです。

昔から私は「話せばわかる」をどこかでやっぱり信じていて、そうやって人を信じてきたし、信じたいと思ってきたのですが、今回の先生との話もまさにそうでした。
営業の経験もなく、交渉の駆け引きやテクニックや段取りも何もなく、思わず、「先生じゃなきゃ私は嫌なんです!」と口走ったその気持ちが、今思うと、私の本心として先生の心を動かしたんじゃないかなと思います。
それから、「これだ!」と思ったその直感に従った、いろんな問題がのちのち出てきたとしても、そこを譲らなかった、やっぱり信じていた、そのことも大きかったと思います。
いいものは伝えていかなければいけない。知ってしまった者にはその使命がある。
これは出版社の先生担当の編集さんと意気投合して交わした言葉です。
初心にかえったとき、自分で書いたはずのこの言葉も思い出しました。
お正月に布団のなかから「この企画をやらせて下さい! この企画をやるために館に残りました」と館長にメールして、それからいろいろあってずっとどうなるかと考えてきたけれど、でも、諦めないでよかったです。

思い出に残るいい講演会にしたいです。
[PR]
by zuzumiya | 2012-03-01 12:46 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/14775335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧