暮らしのまなざし

娘のこと、夫のこと

この日曜から今日まで、私の休みに合わせて、娘が家にいた。
娘は一応高校2年だが、不登校だ。いろいろな事情があって、祖母の援助を受けつつ、3ヶ月くらい前から家族とは離れて、近所で一人暮らしをしている。
新聞配達をしている兄の就職内定がきっかけで、自分もきちんと高校へ行くことを決めて、3月にはアパートを引き払い、兄とともに我が家へ戻ってくることになっている。
娘が言うには、家を出てみて、お金のやりくりや家事など何でも一人でやらなきゃいけない現実を味わって、ようやく両親のありがたみがわかったらしい。
ずいぶんと遠回りをしたけれど、それでも、自分の人生というものを逃げずにちゃんと考え、大切に丁寧に生きてみようという気持ちになってくれたのがうれしい。
よくやく気がついてくれたかと、胸をちょっとだけ撫で下ろしている。

以前は手伝いなどまるきししない子だったが、日曜に私が仕事から帰ってきてみると、台所にひとり立ってなにやら作っている。手元を覗くと、じゃがいもやにんじんがボールにあふれてる。「なんだ、カレーか」と言ったら、こっそり耳元で「お父さんの好きなビーフシチューだよ!」と囁かれた。
1月の夫の誕生日にはまだわだかまりがあって、一緒には祝えなかった娘。
心の底ではそれを申し訳ないと思っていたのだろう。料理もする夫は、このタマネギの匂いに気づかぬはずはないのだが、照れなのか、素知らぬ振りでパソコンに向かっている。

何の気なしに冷蔵庫の扉を開くと、チルドルームには安売りのステーキのパックがあった。休みの夫が買い物に行って、私のためにステーキの肉を買ってきてくれたのだとピンと来た。なぜなら昨日、私は仕事上の人間関係でかなり落ち込んで帰ってきて、夫にえんえんと愚痴をこぼしていたからだ。
夫は厳しい人なので、私を口先だけで安易に慰めはしない。慰めて「よくやっている」とただ肯定してもらいたいだけなのに(「それが女心というものだ」とまで私は主張するのだけれど)、いつでも「どうしてそうなるのか」「どうしてそれができない?」と説教がはじまり、それによって私を余計に惨めにさせてしまう。
挙げ句の果てに口論になり、想いのズレの大きさに、ほとほと嫌になり、離婚の文字がよぎる頃、互いにむっつり口をきかなくなる。昨日はそんな夜だったから、夫は食べ物で釣って許してもらおうと(ごまかそうと?)したのだろう。

「あれ、お父さん、ステーキ買って、今夜はお母さんと二人で食べる予定だったかな」
すかさず娘が気がついて、言外にちょっと申し訳なさを漂わせたが、私はただただ可笑しかった。

何が可笑しいといえば、この家族の想いのかち合い方に、である。
夫は私への謝意のつもりで、私の好物を想い、娘も同じように夫の好物を想って、行動しているのだ。スーパーで貧乏な二人が豪勢にも牛肉のパックを手にして、にやにやしながらカゴに入れてる姿を想像すると可笑しくてしょうがない。そんな想像をしながら「ああ、家族だなあ」と心がやんわりしてくる。
何というか、昔から以心伝心というものが家族にちゃんと起こってる、それがうれしい。
私が落ち込んでいると、ふっと娘のメールが届いて、わざわざ一緒に待ち合わせて帰ったりする。とぼとぼ夜道を帰ってくると(私はたいてい一人でいると落ち込んでいる)、娘も自転車で帰ってきてバッタリ会うということもあった。家で仕事をしてて「なんかシュワッとしたいな」と思っていると、夫が重たい想いをしてコーラを吊して帰ってきたりする。小さな些細なことだが、つながってる気がして、家族ならではという気がして、こういうことこそうれしい。

3・11のことがあってから、この日常が、些細な毎日の繰り返しが実はいちばん幸せなのだとメディアで大々的に言われるようになった。でも、そんなことはもうずっと前から、ほんとはみんな気づいている。わざわざ言葉にしなくとも文章にしなくとも、その都度ちゃんと感じて、しっかり満たされている。
幸せって、小さくて些細なものだって、そういうのが人それぞれ日々ちょこっとずつあるのが人生なんだってわかってる。もっというと、小さな些細な思い出がいっぱいある人、そういうのをちゃんと忘れないように努めている人、そういう人が幸せな人なんだと思う。1億円当たるのも、そりゃもの凄い羨ましいけれど、ほんとには望んではいない。
湯船のなかで「ああ、なんか今日もまあよかったかなあ」で、終われる一日。
それだけで、また頑張って生きていける気がする。
[PR]



by zuzumiya | 2012-01-31 19:37 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/14565629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧