暮らしのまなざし

伝えることの根源には。

久しぶりの更新。
自分にとって館での仕事はじめが9日で、しかも10日と12日も休みというへんなシフトなので、なんだか仕事の動きはぎくしゃくするし、やたらに気疲れしてしまう。
それはそうと、うれしい出会いがあった。例の講演の企画が一段階進んだのである。
出版社に、講師の先生との連絡窓口を訊くために熱いメールを送ったら、なんと担当編集者がすぐに先生に話を持って行ってくれたのだ。すごい!
でも、私の企画内容や依頼の文面によっては、先生は講演を受けて下さらないかもしれないので、ここ数日は企画について、そしてそれを説明、納得させる私自身の文章について悩むことになる。まさに「心に沁みて人を動かす文章」を書かなければならないわけで、そのプレッシャーで体中がかゆくなりそうだ!

初心忘るべからず。

ネットで本を検索していたら、先生の本にぶつかり、何気にプロフィールを見た瞬間、バチッときたときめきを、直感を、それから初めて先生の本を読んだ時の涙がとまらなかったあの胸のふるえを、正直に、まっすぐに書ければ、きっとわかってくださると信じている。私が差し出す掌を先生は無下にはねのけるような人ではない、必ず握ってくれるだろうと信じている。

なぜなら、私達は気がついてしまった者同士だから。気がついてしまった者は、もう知らなかった頃には戻れない。よいものは、正しいことは、ちゃんと伝えて広めていかねばならない。先生を中心に編集スタッフも私たち読者も、皆がその「使命感」と「信念」に貫かれて動いている、そんな気がする。
素晴らしい作品は人を駆り立てる。伝えたくて伝えたくてしょうがなくさせる。
その根っこの気持ちを思うと、人ってつくづく愛おしいなぁと思う。
おいしいものを誰かに「食べてごらんよ」と言いたくなるあの気持ち、幸福を分け合いたくなるあの気持ちと一緒だからだ。
伝えることの根源にあるものは、誰かとつながり、分かち合おうとする愛。
文章でも、絵画でも、音楽でも、素晴らしい作品に出会うたび、私たちのうちからはそうやって自然と愛があふれだす。その繰り返して生きているんだってことに感謝する。

それにしても、担当の方がとてもいい方で、実現したら見に来てくれるそうだ。
頑張らねば!!
そんなこんなで明日も一日、仕事である。
[PR]



by zuzumiya | 2012-01-12 00:40 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/14395171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧