暮らしのまなざし

ああ、年の暮れ。

ようやく年末気分になって、夫とふたりで買い物に行く。
スーパーはすごい人出である。みなカートにカゴを2段に積んで、正月支度の食料を買い込んでいる。毎年のことながら、クリスマスの直後なのにみんなよくお金が残ってるなあ、と感心してしまう。殊に老夫婦のカゴの中身はほんとに贅沢だ。西洋のクリスマスなんぞ知らん、日本人がめでたいのは正月じゃ、と息巻いている。
今年は息子の20歳の誕生日に大盤振る舞いしてしまったために我が家はすでに金欠。夫婦二人きりの正月の食卓は夫の実家から送られてきたお餅が加わるだけで、普段とあまり変わらない料理が並ぶことになる。「縁起物だから」と吹っかけてくる高価なかまぼこや煮豆や佃煮にも今年は手を出さない。
それでも毎年、スーパーで感じる人々のこの活気、正月を迎える昂揚感に触れるのは大好きだ。日が一日経つだけなのに、昨日と今日では気持ちがまるきり違う、新年というもののご破算感覚。押し迫る暮れの希望に満ちたどよめきが、いいよなあ。
横断歩道に立ってるおじさんのスーパーの袋から、歯ブラシのパッケージが2本透けて見えてるのなんか、もうほんとに微笑ましい。みんな新しく気持ちよくスタートしたいんだなあって。新年を前に、人ってなんて素直で可愛らしいんだろうって。みんな幸せになりなねって、やさしい気持ちになる。

今年は30日になってもインクジェットの年賀はがきがまだスーパーで買えた。
去年あたりから郵便局の「手書き年賀状推進CM」がしっとりとして、とても雰囲気がいいので、みんな手書き派になったのだろうか、と思ったりする。

夫が中折れ帽とそれに合わせて縞のマフラーを買った。
昔の男はみな帽子を好んで被ったし、銀座の街では女もみな小綺麗な鍔広の帽子や品のいいベレーを被っていた、なんていう昭和の話を道々しながら帰ってきた。
そういえば「脱帽」なんていう言葉からして、やっぱり男性が「帽子をとる」ことはマナーというよりも、相手に敬意や「あなたに心を開いています」っていう気持ちを示す最もわかりやすい行動だったんだよなあ、と思った。今の人は帽子というものを被らないから、そのぶん目に見えて気持ちを伝えられなくなった。私は映画やドラマで見る昭和の男の、夏に着る全身白の麻のスタイルが好き。今のように杖じゃなくて「ステッキ」なのがいい。
さんざん黒と迷って深いグレーの中折れ帽にしたのだが、「黒だとスパイみたいじゃん」と言ったら、夫が「そんなスパイ、映画の中だけだよ」と言って笑った。
[PR]



by zuzumiya | 2011-12-31 01:00 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/14290814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

家の表情
at 2017-04-29 09:14
有資格と無資格の保育
at 2017-04-26 23:15
認めてくれたのかな
at 2017-04-23 14:08
私の「今日の人生」
at 2017-04-22 16:38
「ねことじいちゃん」に癒される
at 2017-04-22 07:57

検索

ブログジャンル