真っ赤なピラカンサの実に。

ここのところずっと仕事のことばかり考えてきて、ずっと走ってきて、当初このブログでやろうと思っていたこと、その志みたいなものがだんだん薄れてきてしまっていることに実は気がついている。

仕事の内容が受け身というより、自分で企画したり、工夫したり、やりたいことをやらせてもらっているせいか、やはり苦労はあっても面白いんだろう。やりがいはある。
大きなイベントが終わったあとの休日なのだが、ソファに寝っ転がっているだけで、ふと、次のアイデアが浮かんできて、忘れないようにメモっている自分をつくづく馬鹿だなと嗤う自分がいる。子どもから手が離れて40代後半に入った今は、再び20代に戻ったくらいの勢いで仕事ができている。自分のなかにまだこんなに情熱とパワーが残っていたのかと驚いてもいる。
保育と広告と文章と、自分が携わった職種のいいところだけを生かして、図書館の仕事ができている。趣味的な要素が多分に生かせるところもあって、のめり込めばすべてが仕事一色になってしまう。頑張れば頑張っただけ、(たまたま今は)数字にも出て、達成感もある。

だが、私のプライベートはこれでいいのかとやはり悶々としてしまう。
今日、買い物の帰り、澄んだ青空に赤くピラカンサの実が照っているのを見かけた時、年末へ向かっていることを思い出した。
スーパーでは正月飾りが売っていても、目には入っていても気持ちにおりては来なかったんだろう。不思議なものだ。不思議というか、ありがたいというべきか。
いつだって私の「外」は私に向かって何か発信してくれているのに、受けとれない時はまるきし受けとれず、すべての感覚を閉じて(閉じざるをえないんだろうな)生活している。ふとした瞬間に、ほんとに今日みたいに何も仕事をしなくていいような休日の時に、突然、世界があらわになる。そうして、やんわり後悔と反省が襲ってくる。
「何やってんだ、あたしは…」と。

人生の持ち時間を考えると、実は独身でもあった20代の頃のようにこんなふうに仕事に突っ走るべきではないんじゃないかと思う。仕事に突っ走ってる私は、ほんとは「仕事しかないから」じゃないか、仕事が「自分を生かすのにてっとりばやいから」じゃないか、すなわち「日々を安易に過ごしてやしないか」と考えたりする。
ほんとはもっと豊かに生きたいのだ。
受けとって感謝して、作って返せるような、丁寧な暮らし方をしたい。
そういう願いをもって、このブログを始めたのに、これでは何も返していない。
しかし、真面目ではあってもこの不器用な私がどうすればいいのか…。

来年こそはもとに戻りたい。
頭のなかを仕事だけでいっぱいにしないように。


※クリスマス会も大盛況で無事終わりました。思っていたとおり、影絵の評判も良かったです。館長は私に「迷惑」と発言したことを謝ってきました。いまだこちらの気持ちは悶々としていますが…。
[PR]
by zuzumiya | 2011-12-19 20:45 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/14205398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧