ラブソングは大人に…。

夕飯のシチューをひとりで食べながら、テレビの歌番組を見ていた。
今度、二十歳になる息子と夫と三人で息子の誕生日にカラオケに行くので、ちょっと勉強がてら最近の歌を聞いていた。
そしたら、いわゆるど真ん中というか、直球のラブソングでいつの間にか、ほろほろと涙が出てしまった。若い人に人気のあるJUJUとか、平井堅とか…(笑)。特に平井堅の「いとしき日々よ」なんて、丁寧で真摯な歌い方といい、歌詞といい、いい歌だなあとしみじみしてしまった。
ラブソングって、現実では恋というものから遠く離れてしまっていても、いい事も悪い事もすべてがみんな、ないまぜのおぼろな思い出になってしまっていても、時に胸をえぐるせつなさでいっぱいにさせる。
巡り会いの奇蹟があって、そしていくらかの時を共に駈け抜けて、いつしかどうしようもなく避けがたい理由で別れていく。なんだかまるで生きて死ぬことの小さな予行練習を繰り返し積み重ねていってるように思える。恋というのも生命の論理そのものだなと、心の深いところで人の定めのようなものにせつなさが込み上げる。
もしかしたら、ラブソングは手持ちの時間の少なくなった大人にこそ、痛いくらいに染みわたるものなのかもしれない。

※タイトルを考えてたら、ふと越路吹雪の「ラストダンスは私に」を思い出してしまった。この歌はとっても粋で洒落てて好きだ。こんなふうにサラリと愛を伝えたい。アラフィフの私にとっては…。
[PR]
by zuzumiya | 2011-12-07 23:42 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/14134164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧