暮らしのまなざし zuzumiya.exblog.jp

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「隙間の時間」の贅沢。

どこかに旅行に行くとか、お洒落してディナーを食べに行くとか、そんな非日常を味わえるほんとの贅沢にも憧れるけど、生活のなかにほんのちょっとの、すうっと心が晴れてくような、そんなささいないいこと。意外とそっちの方が幸福感がある。そう、変な言い方かもしれないけど、幸せってね、レベルを下げるともっとたくさん気づいて感じられるものだよ。
たとえば、月に2回ぐらい、いつもより早めに家を出て、通勤の途中のパン屋さんでモーニングを食べる。これが結構、いい気分なんだ。
勤め人たちが等間隔に並んだガラス張りのカウンターにトレイを持ってちょこんと座る。正面はちょっと離れて駅の改札。足早に通り過ぎてくスーツの集団に「いつもならあそこに自分がいて流されるように歩いているんだよな」なんて、幻の私を見る。サンドイッチをほおばると、ふと店内に小さくボサノバがかかっているのに気づく。「ボサノバか…」
何だか忘れかけていた大事なものをすうっと思い出したかのように、とたんにうれしくなって笑みがでる。
まわりを見ると、コーヒーを片手に俯いて手帳を覗く人、口をもぐもぐさせながら携帯のメールを打つ人、電車で読んできた本の続きのページを捲る人、みんな思い思いにこの「隙間の時間」をひとりで愉しんでる。モーニングセットのゆで卵をこんこんと控えめに机に打ち付けるのさえ、なぜだか心が浮き立つ。
きっとね、日々の生活のなかに、ふっと「隙間の時間」ができること、そしてそんな時間を自由に、ひとりきりで浸れること、それってささやかだけどすごく贅沢なことなんだよな。そして単純な私は「ああ、今この時っていいよなあ」とか「こういう自分、忘れてたよなあ」とかしみじみしながら、幸せな気分でコーヒーをすする。
お手軽だけど、ちっちゃいけど、大事なひととき。
[PR]
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/13901058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zuzumiya | 2011-10-29 08:27 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)