暮らしのまなざし

幸せになれるかどうかより、ゆるぎなく「この人だ」ってことがわかればいい。

いま、仕事の企画で恋愛小説ばかりを読んでいる。
読むのが遅い私にとってはこれが結構つらい。事務室で読んでいると、読むのが仕事とはいえ怠けているように思えてきて、どうも集中できない。帰りの電車のなかで読むぞと思っていても、仕事で気疲れしているせいか、ほんの数ページ読むと眠たくなってしまう。
でもそのなかでも、好きだなあと思える作家に出会えた。
いまさらなんだが、嶽本野ばら氏なのである。
この顔なんか知ってるなあと思ったら、うちの娘の彼氏にほんとそっくりなのだ。
『ミシン』を読んで、最初の「世界の終わりという名の雑貨店」が気に入った。
ヴィヴィアンとかヨージ・ヤマモトとか、服のことを「お洋服」と書いちゃうとことか、2000年の作品だから、クスッって笑えちゃうんだけど、たしかにユニクロを合理性で平気でばんばん着ちゃう今よりは、なんだかずっと洋服にファッションに「矜持」があった時代だったよなあと思う。自分も昔はゴルチエが好きだった時期があって、ちょっと懐かしく思い出した。
恋におちるというよりも、この世界で唯一無二の存在に出逢えたとわかった瞬間の、その心情表現はすこぶる的を得ていて共感、そして上手いなあと思った。
人魚姫の話がちょこっと出てくるけれど、「人魚姫の声を奪ったのは魔法使いの配慮だったかも」というのは私もまったく同感だし…。野ばらさんって、実は水瓶座なのね、そしてAB型。うわー、難しいお人と思うけれど…。
でも、私は小さい頃から占いの本を見るたびに、ひそかに水瓶座の男と付き合ってみたいと思ってきた。水瓶座の芸術的センスはもう天秤座や双子座とは比べものにならない。憧れなのである。現実にはおそらく私のまわりにはいないので、しばらく野ばら氏の作品を読んで浸りたいと思う。「世界の終わりという名の雑貨店」は映画化もされてるのだけど、見ても大丈夫かなあ。
イメージ壊れないかなあ、と不安。
[PR]



by zuzumiya | 2011-09-29 19:23 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/13716244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

検索

ブログジャンル