仕事はデキるが自由人

うちのチーフはちょっと公共図書館にいそうもないキャラクターの自由人です。
初めて会った時から髪型といい、服装といい、聞いている音楽といい、帰国子女だった経歴といい、芸術系の大学にでもいそうなお洒落っぽいオーラの、ちょっとくせのある独特の雰囲気の方でした。年はいくつなのかな、20代後半でしょうか。
前にいた館ではサブチーフでしたが、館長に「仕事がデキる」と惚れ込まれ、今回新しく立ち上げるうちの館で見事チーフに抜擢されました。たしかに仕事の知識はあり、処理するスピードも速いです。新人が失敗してもムッとせず、すぐに対応してくれます。
チーフという役職でも偉ぶっていたり、人をアゴで使うようなことはしません。むしろ何に対しても「めんどくさ〜」というのが口癖で、チーフだからといって、女子同士の好き嫌いや派閥や内輪もめに対して、まとめようとはせず、「勝手にやってよ、めんどくさ〜」という引きかげんなのです。お客様に対しても丁寧すぎて慇懃無礼になることはなく、「いいのかそれで!」というぐらいフレンドリーな口調で話しかけたりもします。我々下々のスタッフはチーフという役職のイメージとのギャップにいつでもびっくりさせられます。
服装も制服として決められた上下は着ず、ひとりでだぼだぼジーンズだったり、ドクロの柄のTシャツを着てきたりします。遅刻もしょっちゅう。朝は起きられないからという理由で遅番しかやりません。一人フレックスタイムで、夕方にお昼を食べて(ずっと書架整理をしていてお昼を食べてなかったそう)、そのままソファに横になっているのでドアをあけてびっくりしたこともありました。事務室でも平気で自分の服をネット注文して、まわりに軽く突っ込まれると「あっし、今、休み時間だもん」と笑っています。
先日は「暑い、暑い」と騒ぎながら事務室に帰ってきたと思ったら、エプロンの下がシマウマ柄のノースリーブでした。「えっ!そんな姿で書架にいたのか…」とみんな度肝を抜きました。
でも、そんなチーフに対して、誰も文句は言いません。館長とは以前におおっぴらに喧嘩をしたようで、館長も何も言いません。会社において「仕事がデキる」ということは、ここまで許されることなのかと少し驚きです。どうしてみんな「自由すぎてズルイ」だの、「ルール違反」だのと言わないのでしょうか。チーフは仕事がデキるから「別格」なのでしょうか。私がチーフの真似をしてとんでもない恰好をして、とんでもない時間に一人フレックスをやり「チーフと同じですもん」と言ったら、どうなるのでしょう。絶対、放っておかれないはずです。つまり、みんなそれがわかっているから誰もチーフの真似をしないんですね。チーフの大胆な自由っぷりはたしかに羨ましいけれど「そういう人間には自分はなれそうもないなあ」と、各々ひそかに思っているんだろうと想像すると可笑しくなってきます。そして、トップがゆる〜くくだけていた方が、下々がやりやすく楽チンだから、みんな何も言わないんでしょう。人が集まればいろんな利害関係、駆け引きが生じるもの。会社というのはそれに能力というものが噛み合わさって、実に複雑で面白いところだなあと思います。ところでよく聞く「仕事がデキる」って一体どういうことなんでしょう。長く社会人やってても、いまだにその定義がわかりません。
[PR]
by zuzumiya | 2011-07-06 23:39 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/13035587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧