暮らしのまなざし

熱い男

「オリンパスホール八王子」素晴らしかった。
何のことかといえば、エレカシのコンサートのことです。
今まで私が見てきたなかで、武道館とか野音とかも凄かったけれど、やっぱり、なんていうか今日がいちばん気合いが入っていたというか、パフォーマンスに凄みがあった気がします。今回の全国ツアーで更に自信がついたのでしょうか、うれしいことがたくさんあったのかもしれません、また歌が素晴らしく上手くなっていました。さすがに疲れがたまって、喉の調子とか高音部などかすれてしまうんじゃないのかなと心配していたけれど、ぜんぜんそんなことはなくて、今までに増して圧倒的な声量で、とにかく驚異的なエネルギーでした。身体ぜんぶをちぎれんばかりに震わせて、これでもかというほど振り絞って歌っていました。もの凄いシンガーです、熱い男です、宮本浩次という男は。
本人も「一瞬が永遠」とか「一瞬が全て」と歌っていますが、その一瞬の燃え尽き方が尋常じゃないというか、もう突き抜けていて、そういう人間の生にただ目を見張るというか、あんぐり口を開けてしまいました。
のだめの映画でしたか、はっきりは憶えていないのですが、演奏家は「どこまで行けばいいのか」とその果てのない道に疑問を持つようですが、「最高の演奏をしたら、またその先へ行くしかない」というような意味の台詞があったかと思います。
宮本浩次というシンガーも歌詞で「どこまで行けばいいのか」とそう書いているときもありますが、きっと一つ一つのステージを一期一会として、完全燃焼して進んでいくしかないことをわかっているのでしょう。なにか彼の今日みたいなステージを見ていると「今日のオレは今日で死ぬんだ」というような決意のようなものまで感じます。ほんとうに素晴らしいステージでした。帰ってきて最初の東京公演のせいか、「東京の空」「友達がいるのさ」「地元のダンナ」など演ってサービスしてくれました。「東京の空」が聞けて良かった。「おかみさん」はうれしかった。「ひまつぶし人生」も昔仕事帰りによく聞いていたので懐かしかった。「珍奇男」の「おっとっとっと」や「すっとこどっこい」のアドリブは遊び心満載でこれからもやって欲しいなあ。
JCBは両日ともに行けないのですが、このぶんだとまたまた凄いステージになりそうです。
エレカシ、元気をありがとう。負けずに明日も頑張らなくっちゃ。
[PR]



by zuzumiya | 2011-06-02 00:17 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/12723023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pretty_kitten at 2011-06-09 19:11
こんにちは。
ライブ行かれましたね!すごかったんですねー!
私も新潟行きました。
初日だったし震災から日が浅かったので、想いが凄かった。泣きました。
仙台のもUstで観ました。

ほんとうにかっこいい男です。
Commented by zuzumiya at 2011-06-09 22:13
こんばんはー。新潟ですか。
新潟といえば、たしか「偶成」を演ってくれたんですよね。いいなあ。私はあの歌が好きで、いつか野音で聞きたいとずーっと思っています。ファンのなかにもあの歌が好きという人も多いはずなのに、なかなか演ってはくれないじゃないですか。ほんと、羨ましいです。八王子も「東京の空」が聞けたので良かったんですけど。
バンドの歴史が長いと本人が忘れちゃうくらいたくさんの曲を持っているのでしょうから、ファンの方はただ「発掘」されるのを待っているしかないですよね。その日を楽しみにファンを続けていこうと思います。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

宿題終了
at 2017-05-28 22:00
お疲れ様はエレカシで
at 2017-05-26 21:05
今、いちばん困っていること
at 2017-05-25 22:11
最近、久しぶりにマジに笑ったこと
at 2017-05-23 20:14
夢のなかの街
at 2017-05-20 09:32

最新のコメント

検索

ブログジャンル