暮らしのまなざし

永遠の少年

家の近くの公園には毎朝たくさんのお年寄りたちが来ていて、仲間でウォーキングをしたり、ゲートボールをしたり、みんなで一緒に太極拳をしていたりします。午後に通りかかると公園の東屋や広場のベンチは腕を組んだおじいさんたちが陣取って、将棋盤とにらめっこしています。休日になると、お手製の紙飛行機をゴムで飛ばすグループが原っぱで空を見上げています。喜ばしいことにお年寄りたちはみな年をとっても楽しそうに元気に見えます。
先日、夜の8時頃でしょうか、仕事帰りに公園を通ってびっくりしました。「そこの地面に何かいる!」と思ったら、おじいさん二人組が薄暗い外灯の下で地べたに座り込んで将棋をさしていました。少し離れた東屋はもう真っ暗です。灯りが欲しくて芝生の上に移動してきたのでしょう。駒が乱れないように二人でそうっと将棋盤を手に持って、そろそろと移動している姿を想像したら、可愛らしくて思わず笑ってしまいました。
そういえば、真冬の頃もベンチで対戦している様子を何人ものおじいさんが取り囲んでずっと見下ろしていました。屋内でやればいいものをと思いましたが、夢中になって寒さを忘れている姿がどこか微笑ましく、その時も笑って帰ったのを憶えています。
可愛らしいといえば、紙飛行機のグループです。樫の木のどこかに乗っかってしまった紙飛行機を長い竹竿を持って「あれぇ? どこ、いっちゃったかなあ」と呟きながら心配そうな顔をしてうろうろと探し回っている姿は、もう少年そのもの。「男の人はロマンチスト」「永遠に少年のまま」と言われますが、おじいさんたちのああいう姿を見るにつけ、ほんとにその通りだなあと思えて、なんだか温かい気持ちになります。
[PR]



by zuzumiya | 2011-05-31 21:00 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/12711358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最近、久しぶりにマジに笑ったこと
at 2017-05-23 20:14
夢のなかの街
at 2017-05-20 09:32
母の日=妻の日
at 2017-05-14 18:37
ランチョンマットの食卓
at 2017-05-14 01:11
私の吉田さん2
at 2017-05-07 16:21

検索

ブログジャンル