花のとりもつ縁

朝、雨上がりの緑美しい公園を通っていくと、前方にウォーキング途中らしきスポーツウエアの女性が花壇に向かって携帯を構えています。花壇には何種類もの花が植わっているので、どの花の写真を撮っているのか覗いてびっくり。私が毎朝通るたびにそのぷっくり膨らんだ大きな蕾に今日か明日かと気にかけていた芍薬がついに純白の花を咲かせていたのです。幾重にも重なった花びらに雨の雫が滴って、生まれたての清新な命のオーラにあふれていました。たった一輪なのですが、そこは芍薬、どの花も凌ぐ存在感です。彼女が足を止めて思わずカメラを向けたくなるのもわかりました。そして、微笑みながら横を通り過ぎて、ふと思いました。もしかしたら、彼女も毎朝のウォーキングの途中で私のように芍薬の蕾に気づいていて、花が咲くのを待ちわびていたのかもしれません。そう想像してみると、彼女と私は毎朝同じ花を同じ気持ちで見つめ、一日の励みにしていたことになります。よくテレビで、美しい花野を歩く人々が笑顔で行き交うのを見たりします。花を見つめていた笑顔がそのまま互いに向けられ、幸福な気持ちを分かち合っているのでしょう。見ず知らずの人にこんな親近感まで抱かせるなんて、花というものはつくづくやさしいのです。
[PR]
by zuzumiya | 2011-05-17 20:41 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/12596393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧