暮らしのまなざし zuzumiya.exblog.jp

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

昨日の花は落ちて、今日の花が咲く

先日の「蚊連草」の続きのお話。館内掃除のおばさんが外に出されてある「蚊連草」を見て、スタッフに「これは根詰まりしているから、土を替えてあげれば元気になるわよ」とアドバイスしてくれたそうです。それから「土を買ってきてくれたら、私が面倒見てあげましょう」とも。どうやら清掃のおばさんは土いじりが好きな方のようです。スタッフは喜んで私に伝えに来てくれました。何だか心あたたまるいい話です。弱った「蚊連草」を見て放っておけない人がいて、元気にさせたいなという気持ちの輪が広がって。これも物言わぬ植物の素晴らしいチカラ。ふだんは「お疲れさまです」「ありがとうございます」しか声をかけない清掃のおばさんともこんな会話が生まれ、植物を通して近づき合えたのです。それなら花を植えてみようかと思いつきました。お客様をお迎えする玄関の脇に花のプランターを置いたらどうでしょう。お客様とももっと会話の花が咲くかもしれません。最初だから花は育てやすい「日々草」です。でも「昨日の花が落ちて、今日の花が咲く」という希望の意味も込めています(プランターにその言葉を添えたらもっといいかもしれません)。お客様とスタッフの両方の心の癒しになればと思います。特にスタッフに対しては「日々、ひと花」とか「花を枯らしてしまうほど心にゆとりをなくすな」という教訓も含んでいて、気づいた者が水やりをします。ささいなことでも「仕事を増やさないでほしい」という残念な反対意見も出るでしょうから、「蚊連草」の上司に今度相談してみようと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/12507299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うさぎ二匹 at 2011-05-02 16:52 x
去年、近所の方に頂いて初めて胡瓜を育てて以来、自分で球根を買い求めてチューリップを育てたりしています。先日はサラダ菜・ローズマリーと又 苗を頂き、今 土を乾かして消石灰を入れようとしているところです。草花なんててんで興味なしの私でしたが育つと可愛くて嬉しくて!!ほんと会話もはずみますよ!震災の時もだし、私の生まれるずっと前、長崎原爆の時も「草木も生えぬ」と言われながら逞しい姿を幾度となく見てきました。植物ってすごいです!!
Commented by zuzumiya at 2011-05-05 21:42
コメントありがとうございます。お久しぶりです。実は私もベランダで野菜を育ててみたいんですよ。プチトマトとかいんげんとか胡瓜とか。我が家の場合は去年は紫蘇を植えていました。便利ですよね、これからの季節。主人の口はおこちゃまで薬味が苦手。紫蘇がダメなんです。私ひとり分を買うわけにはいかないので植えていました。土いじりしている時は頭が空っぽになって、いちばんリラックスできるんですよね。
by zuzumiya | 2011-05-02 09:22 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(2)