心に余裕がないと

職場でこんなことがありました。児童室の窓際の棚にはもともと蚊よけのために「蚊連草」の鉢が2つ置いてあります。最初は「室内にグリーンがあるのはいいな」と思って眺めていたのですが、新館立ち上げの忙しさでいつのまにか蚊連草の存在をすっかり忘れていました。先日、上司が「これ、お水あげてないよね、ひからびてるよ。太陽にあてて、お水あげたら元気になるかな?」と言ったので、ハッとしました。「すみません、気づいていたのにできなくて」と謝り、2人で鉢を玄関に下ろし、彼女がペットボトルでお水をあげてくれることになりました。最近、立ち上げの忙しさか人間関係の気遣いからか、上司は風邪をこじらして、精神的にも少し元気がないように見えました。勝手な推測ですが、彼女はきっとしおれてしまった植物に自分を重ねて、水をあげていたのだと思います。「ごめんね、気づいてあげれなくて」と詫びながら。私も仕事のことに気をとられているとついベランダの鉢植えに水やりを忘れてしまいます。しおれている花に向かって「こんなに心に余裕がないなんて、どうかしてたよ」と反省します。今日も階段で水やりに向かう上司とすれ違いました。情けないことにいつも先を越されてしまいますが、思わず「ありがとうございます。今度、液体肥料でも買ってきますよ」と笑って声をかけました。責任や人間関係の板挟みで参っているであろう彼女が今ほっとひと息つけるのは「蚊連草」といる日だまりの中だけなのかもしれないな、とその後ろ姿に思ってしまいました。「蚊連草」が少しでも元気になれば、彼女もまた元気になるような気がします。明日早速、液体肥料を買って、上司と一緒に「蚊連草」にあげたいなと思います。「こうやって、うちの館のみんなも元気で、生き生きとなれればいちばんですよね」と言葉をかけて。
[PR]
by zuzumiya | 2011-04-30 21:36 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/12499807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧