暮らしのまなざし

情熱が運を引き寄せるのか、出会うべくして出会っているのか。

2日続けて休みが取れたので家のことをやりながらも精神的にすごく余裕が持てた。
やっぱり休みというのは大事なんだよなあ。
月並みな言い方だけど、自分らしさを取り戻すって感じ。
今日は地元の図書館に本を予約して、髪を染めてリフレッシュして、定期を買いがてら、今度移動になる新しい図書館をこっそり見に行った。
思った以上にこじんまりとして小さかった。なんか「こんなことはどうだろう」みたいな企画や夢ばかり描いてたから、ちょっと現実とのギャップに驚いてしまった。
でも、子供のコーナーは全面じゅうたん敷きなので和む。
外は雨模様で、子供はまだ一人しかいなかった。
ぺたんと座って絵本を見ていて、その姿にほっとした。
いいぞ、全面じゅうたん! ぜいたくじゃん!
雨の中、高田馬場で急に思い立って、映画を観に行くことにした。
今日は3月の1日。映画の日で1000円!
本屋で何十年ぶりに『ぴあ』を調べたら、新宿は時間的にもう無理。
食料品の買い出しが残っているので、あきらめて帰ることに…。
でも、乗り換えの駅について電車を見てたら、やっぱり諦めきれずに飛び乗った。
いちかばちかで行ったいつもの立川の映画館。最後の回の始まる10分前だった。
すごいよね。「○○したい」っていう情熱は引き寄せるんだよね、運を。
それとも、今日が出会うべき時と決められてて、出会うべくして出会っているのか。
館内で夫にメールを送った。
「夕飯の仕度はできていますので先に食べて下さい。
 お休みなので少し自由にさせてもらいます。よろしく〜。」
ほとんど人の入っていない映画館で、悠々と好きな映画を見られるこの至福。
独身にかえったようで、うれしくてしょうがなかった。
でも、観た映画は『毎日かあさん』。
面白くて、少しせつなくて、あったかかった。
気取らない、ありのままの、おおらかさ。
台詞がぴしっと決まる、西原漫画のいつものテイスト。
あのまねできないやさしい余韻。
映画が終わって、またまた思い立って、本屋で鴨志田穣さんの『酔いがさめたらうちに帰ろう』を買ってしまった。
それからあわててスーパーに飛び込んで、ひな祭りのちらし寿司の材料なんかを買って、バスに乗って鴨志田さんの本を読みながら帰ってきた。
休みの日はやりたいことやって元気に過ごすのがいちばん!
明日もまたいろいろあるんだろうけど、いいこともきっと起こるはず。
リフレッシュできたから、ちっちゃないいこと、この精神力なら見つけられると思うなー。
明日も頑張ろう。
[PR]



by zuzumiya | 2011-03-02 00:18 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/12204864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

検索

ブログジャンル