旅人はつねに上を向いている

ふと空を見上げたら、月が出ていました。そして、月のそばにはきら星が。明日が休みのせいもあって、心に少しだけゆとりができたのでしょう。微笑みながら月と星とを見上げて歩きました。朝日新聞の「定義集」で大江健三郎さんは以前、こんなことを書いています。<『神曲』三篇すべての終わりの単語が星stelleであるのは、旅をする者がつねに上を向いている姿勢の強調で、ダンテは実人生でもそうあれ、と読み手に熱心に勧めている(exhortしている)>これを読んだ時、瞬時にそうかと思いました。「旅をする者がつねに上を向いている」なんと希望のある言葉でしょう。まったくそのとおりです。旅の途中で時に道に彷徨いさすらいもするけれど、夜空の星を見上げては自分の位置や進むべき方角を知る。旅人の目は旅を続けるため、生きていくためには常に上を向く必要があるのです。彷徨いながらも俯く顔を上げ、空に希望を探す旅人。私たちもきっとそんな旅人だと思うのです。かつて「同じ星を見ている」と歌ってくれた人のその想いが今ようやくわかった気がしました。
[PR]
by zuzumiya | 2011-02-14 00:26 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/12108896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧