暮らしのまなざし

笑わせてくれるぜ、ザ・クロマニヨンズ!

身体のことがいろいろわかってから、何だか急にしょんぼりしてしまった。
2月からは新しく生活を始めなくちゃならないというのに、おいおい、どうしたよ!
いつものハッタリは何処へ行った? 
せつなさは好きな感情だけれど、そればっかじゃな、カビが生えちまう。
そんなとき、私はクロマニヨンズのCDをでっかくかける。
そして、ヒロトやマーシーと一緒にハモりながら台所で踊りながら歌うんだ。

「ただ生きる 生きてやる
 呼吸をとめてなるものか
 エイトビート エイトビート」   (『エイトビート』)

彼らのメロディは憶えやすく、乗りやすく、盛り上げ上手で、とにかく明るい。
彼らの歌詞は簡単で、大らかで、やさしくて、面白くて、すっとんきょ。

「南南西 積乱雲が 発達中 大きいぞ
 ハッ!! ハッ!! ハッスルする!!」 (『南南西に進路をとれ』)

私は昔、保母をやっていた頃、パラパラが流行りつつあったときに、保育所ですぐさまパラパラをお遊戯に取り入れた。クロマニヨンズの音楽はときにあの頃のことを思い出させる。私が今保母であったなら、確実に彼らの『ドロドロ』や『ニャオニャオニャー』や『ナントカドン』や『むしむし軍歌』や『南南西に進路をとれ』なんかをテキトーに振りつけて、子どもたちと足踏みならして踊るだろう。
面白ければ、なんだって、やる。
楽しければ、なんだって、やる。
新しければ、なんだって、やる。
私はそういう先生だった。保育室からアンパンマンや「おかあさんといっしょ」じゃなくて、ロックやレゲエやスカが流れるのもいいと思うんだけどなー。
そういうこと心から許してくれるなら、もう一度先生やってもいいんだがな。
とにかくクロマニヨンズを聞いてると、元気がでちゃう。
面白くて、いつの間にかむきっと笑っちゃう。歌で笑わせるって、すごいことだ。
もっと、もっと、もっと、元気をだそう。昔みたいに大声で笑おう。歌おう。

「真冬の電柱よりも
 冷たい雨にぬれて
 オレは核ミサイルだ
 飛び出すぜ 飛び出すぜ
 飛び出しちゃうぜ 」

いいよなあ、飛び出しちゃうぜー!
[PR]



by zuzumiya | 2011-01-21 22:07 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11966351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧