オバサンや子育てママのパワーハラスメントってあるんじゃない?

若い人と年配の人がいる職場のなかで、みなが同じ時給で働いているのならば、私は本来は平等だと思います。若いから年配者よりもっと動きなさい、気をまわして先に手伝いなさい。あるいは、目がよく見えないから若い者に仕事を替わって、などというのはどこかで年配者の甘えが出てしまっていると思います。目が見えなければそれなりの眼鏡を用意してこなくてはいけないし、若い人に気を遣わせてしまうような泣き言も控えるべきです。同じ時給なのだから動かなければならないときには年齢など関係なしに動くべきでしょう。これと同じようなことは既婚者と独身が入り交じる職場のなかにもあります。子供が熱が出たから早退したいとなれば、その方の仕事は独身の誰かに覆い被さることになります。「明日は我が身」の言葉のとおり、いつでも仕事を引き受けても、回数が多いとそのうち「自分がほんとに将来結婚して子供を持てるかどうかは先のことで、替わってもらえる日がくるかはわからないことなのに」という不満へ繋がっていきかねません。弱みと思いやり。職場の仲間としてスムーズに仕事をやっていくために、みな一瞬のカチンをぐっと殺して笑顔にして仕事を最優先して回していることと思います。思いやりというのはあくまで個人的な感情。年齢や難しい状況があっても、相手から半分強要するような形で引き出すものではありません。自分の弱みがいつしか図々しい甘えに、相手を断りきれなくさせていないか、立ち止まって確認する必要があると思います。
[PR]
by zuzumiya | 2010-11-27 12:40 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11623966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧