暮らしのまなざし

ブログらしく近況7

ちょっと悩み事があって、友人に会いに出かけていたとき、
帰り際に娘からメールが入った。
「今、外にいるからたまには一緒に帰らない?」
突然のことで、娘をずいぶんと駅のホームで待たせることになったが、
無事、会う事ができた。
「それで、どうだった?」
「うん、思い切って会ってよかった」
「そうか…。ママ、よかったね」
この「よかったね」の言葉を聞いたとき、ものすごくうれしくなった。思わず、
「お前ってやっぱり、いいやつだよなあ」
と口走っていた。
人の幸福に対して、開口一番、「よかったね」と笑って喜べること。
娘のことを、がんとして信じられるのはこういうところなんだ。
突拍子もない恰好をして、まぁ自由奔放にやっていて、父親に心配させまくっているけれど、どこかで私は娘をものすごく信用している。評価している。
この子はいいやつだよ、と胸を張って言える。
損をすることはあっても、自分を多少犠牲にすることはあっても、
人の気持ちのわかる、優しい子に育った。
娘にはそういうエピソードがたくさんある。
体の芯からむくむくと押し上げてくるようなこの確信。
これこそが絆なんだなあ、と思える。
これを感じられたら、たとえ周りがどう見ようと、
子育ては成功なんだと思える。

***********

世の中の暗いものをぜんぶ引き寄せてしまっているのでは、と思えるような日、ひょっこり友人からメールが来る。捨てる神あれば拾う神あり。これはほんとうだと思う。
きっと一日のなかでも、悪い事があればいい事だって起きてるんだと思うよ。
悪い事の方がショックだからより憶えているだけなんだよ。
よくよく思い出して探してみてごらんよ。誰かにやさしくされてるもんだ。
見つかったら、しっかり感謝すればいいんだよ。
私は今夜お風呂で、目を瞑ってアリガトウとつぶやいた。

***********

夏でもないのに、「くらげ」の写真集に癒された。七色に光る宇宙船みたいなくらげがいるんだよ。すごいよね。
それから最近は「鉱物」に興味を持ち出してる。ブラックライトで光るんだって、ブルーやピンクや黄色に。なんだか、石のなかに宇宙が見えるみたい。
図書館で何冊か本を借りてみた。面白かったらここでも紹介する。
それから人形にも興味が。鴨居羊子やハンス・ベルメール、四谷シモンの人形。
それからシュルレアリストの画家にも。リヒャルト・エルツェとかよさげ。
イラストはニコラ・ド・クレシーの『天空のビバンドム』とか。うーむ、金ない。
最後はジオラマ。『昭和ヂオラマ館ー山本高樹作品集』を図書館で借りよう。小さな人形の永井荷風が東京の街を歩いているのだ。たしか青梅に行ったときだったかな、ヂオラマ館に入って見たかも…。
[PR]



by zuzumiya | 2010-11-26 23:59 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11622383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

映画にドラマ三昧!
at 2017-04-29 22:22
家の表情
at 2017-04-29 09:14
有資格と無資格の保育
at 2017-04-26 23:15
認めてくれたのかな
at 2017-04-23 14:08
私の「今日の人生」
at 2017-04-22 16:38

検索

ブログジャンル