暮らしのまなざし zuzumiya.exblog.jp

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログらしく近況5

本日5日からはジョン・レノンの若かりし頃を描いた映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』が公開しているはず。ジョンは伯母さんに育てられたんだよね。伯母さんと実のお母さんとの間で揺れ動くさまは、なんだか育て親の祖母と出て行った母との間に挟まれて悩ましい日々を過ごした自分の幼い頃と重なるから興味がある。
ジョンがあの「マザー」をどうしても歌わなければならなかったその背景が少しでもわかるなら、私は見に行きたい。

最近はクロマニヨンズにはまってる。
イーノのアンビエントももちろん鳴ってはいるが、家事をしている時には景気よくクロマニヨンズなのだ。いつ聞いても、何度聞いても、どこまで聞いても元気になる。
元気になって、素直になる。素直になって、明るくなって、笑顔になる。
首を振りながら、膝を叩きながら、笑いながら、
いいなあ、ほんっとに好きだよなあと心底思う。
音楽以外の何ものも、純粋にメロディとビートと歌だけを、それしか感じないところがいい。いろんな余計なこと、難しいことや邪念や思い出なんかに、足をとられないところがいい。ユーモアがあって、聞いてて笑っちゃうところがいい。
スコーンと頭上が抜けてく感じがいい。
でも、ちゃんと大事なこと、しっかり歌ってるところがいい。
毎日、クロマニヨンズが頭のどこかで鳴っている。
持ってる力は出し惜しみせず、めいっぱい使ってがんがん仕事をする。
テンション高く潔く、余力なんて残さず帰る。
川縁の道を自転車で風を切って走っていく。
遠くに雲の端を黄金に染めて、素晴らしい夕焼けが見える。
「ああ、今日もめいっぱい仕事した。いい日だったよなあ」
こんな清々した気分になるのは、クロマニヨンズのおかげなのだ。
人を元気にさせる、こんなにも明るく頑張らせる、クロマニヨンズってえらいよなあ。
クロマニヨンズ、ありがとな。
こういうことができる人たち、私ほんとに尊敬する。
エレカシはいつの頃からか、音楽以外の余計なもやもやが出てくるようになってしまった。吹っ飛ばしてほしい、次のアルバムで。
そう、「脱コミュニケーション」して、一度きれいさっぱり清算しよう。
[PR]
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11525540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zuzumiya | 2010-11-05 20:02 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)