暮らしのまなざし

ブログらしく近況4

最近の洋楽熱、なぜか盛り上がっております。
ヨンシー・バーギッソン&アレックス・ソマーズの『ライスボーイ・スリープス』と先ほどのルーファス・ウェインライトの歌とピアノだけの最新アルバム『オール・デイズ・ア・ナイツ:ソングス・フォー・ルル』というアルバムを聞きたいと思っております。他にもロジャー・イーノの『ヴォイスズ』、ラドカ・トネフの『フェアリー・テール』、マーク・ジョンソンの『シェイズ・オブ・ジェイド』、キャット・パワーの『ザ・グレイテスト』、ジェーン・バーキンの『フィクションズ』、ブルース・コバーン『雪の世界』、クリス・レアのベスト、レナード・コーエンのベスト、ロキシー・ミュージックの最新作も。ヨンシー&アレックスは手配しました。幻想的で美しいと評判のインストゥルメンタルなのでとても楽しみです。しかも、17日にはライブ前のぎりぎりのところで、エレファントカシマシの『悪魔のささやき』が出るんですよね。うう。

ジャパン、思わず買って読みました。写真はたしかに素晴らしい。いい表情です。内容的にはどのアルバムの頃にはどこそこに住んでいた、どんな暮らしをしていたという、どこかで目にしていたり、耳にしていた過去のそこそこプライベートな話しか憶えてません。テーマは「生活者、宮本浩次」なんでしょうが、生活、あんまり見えてませんね。なんだか、3万字もあるんだったら、もうちょっと突っ込んで、アーティストなんだけれども40男のふだんの日常を知りたかった気もします。悩みやら不安やらこれからのことやら、ほら、「憂鬱だ」って言ってたりするんだから、もっと心情的なこととか、逆に楽しみとかも。見てる映画とか、聞いてる音楽とか、本とかも、きっと追いかけて聞いたり読んだりはしないけれども「ふーん、そうなんだ」って知りたかったような。アルバムや音楽のことじゃないんだったら、ですよ。山崎さんが友人として、もっと引き出せたような気がしちゃう。なんか写真に引き寄せられて、つい買ってしまったけれど、こういう情報ほんとに欲しかったか?でした。
でも、女性ファンはすごい盛り上がってそうですね。うまいな、商売が。

遅ればせながら是枝監督の『空気人形』、DVDで見ました。現代のかわいいおとぎ話ですね。
吉野弘さんの詩が「生命は」が使われていました。あれ、とてもいい詩です。吉野弘さんは前にブログでも「虹の足」を紹介してたはず。おすすめの詩人です。ハルキ文庫から詩集が出てます。是非、買ってください。
あなたの息で私の体をふくらまして(いっぱいにして?)、でしたっけ。いいですよね。
あのおへそのところに唇を当てて、直にふうーって息を入れて、だんだんに膨らんで胸がツンと立って、意識がしっかり芽生えていったり、反対にしゅうううと抜かれて、気怠く悩ましく、くたりと力が抜けて、意識も遠のいていくシーン。なんかあれはあれですごくエロティックで、でも温かなやさしいセックスなんだなあと思ってしまいました。
市川準監督が亡くなった後、人も東京の街もこんなに血が通ってやさしく描けるのはもう是枝監督しかないよ、と思っています。
韓国映画の『母なる証明』もよかったです。監督は『殺人の追憶』のポン・ジュノ。ひたすら息子をかばう母親役のキム・ヘジャの演技がよかった。ちょっと頭の足りない息子役は懐かしのウォンビンでした。犯人探しの真実に思わず夫婦で「えーっ!」と叫びました。真犯人との面会で「あなたに母親はいるの?」と訊いて、わっと泣き出すシーン、実によかった。あの瞬間の気持ち、さまざまに交錯する想い、世の中の母親なら痛いほどわかる。いい映画を2本も見られたいい週末でした。

本は、松井冬子の画集を見て、よしもとばななと角田光代の最新作を読んで、今は江戸川乱歩傑作選を読み始めています。浅暮三文という人の『五感集』が気になっているところ。はじめての作家さんです。
コミックは新聞で読んだ『船を建てる』に興味あり。

仕事場で、私の性格をひと言で言い表した「べらんめぇチキン」(江戸っ子気質なのに、実はチキン。自分で命名)が定着してしまいました。ケンタッキーみたいでしょ。

電車に乗っていて、「男性との突然の出会いの場面」について考えていた(ヒマだった)。たとえば、前に歩いていく男の子のほどけた靴ひもを踏んでしまってつんのめることでの出会いとか、電車やバスで隣の男性のワンセグを覗き見て思わず吹き出しちゃう出会いとか、電車で隣に寝ている男性がいきなり寝言で「だめだから!」と小さく叫んで、わっと腕をつかまれる、そういう出会いとか…。
恋愛ドラマの名手、北川悦吏子は病院で検尿の紙コップを間違って男性にふっかけるという突拍子もない出会いの場面を考えたことがあるらしい。さすが、凄すぎる。
[PR]



by zuzumiya | 2010-10-31 23:52 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11503781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 悠里 at 2010-11-02 09:13 x
こんにちは。私もJAPAN買って読みました。写真は良かったです。アルバムに関することも内容はあったと思いますが、宮本さんも途中で言ってるように、「今はっきりしていることは」という事しか過去含めて話していなくて、他は過去含めて混沌としているのかもしれないなと思って、自分で自分を納得させるしかありませんでした。あとは、持ち逃げされた話ですが、手に職持っている人ってなんだかんだと強いなあって思いました。
Commented by zuzumiya at 2010-11-02 11:18
そう言えば、書き忘れてますが、蔦谷さんとの話は興味深かったです。実は私も批判じゃなく、「エレカシって何人組だっけ?」と思い始めていたので、いろいろ内部ではあったのでしょうか。過去の話よりも、「昇れる太陽」のあの光あふれる凄まじい昇りっぷりから「悪魔メフィスト」や「脱コミュニケーション」のタイトルからも感じる影の部分、闇の部分というかが生まれきたあたりをもっと掘り下げてほしかったですね。「俺に昇れる太陽で朝だー!」っていう勢いだった人が「明日への記憶」で「朝って実は憂鬱なんだよね」なんて、ファンとしては「あれれ? どうしちゃった?」ですもんね。ま、人間には光の部分と影の部分が両方あるのはわかるんですけど。今度この年齢で出してくる影の部分はいったいどういう類いのものか、と興味があります。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

検索

ブログジャンル