あの鳥のように

朝早く目が覚めて、蒲団のなかで本を読みだしたら、ふと外で鳥が鳴いているのに気づいた。一羽だけの、まっすぐ飛んでいく矢のようにきれいに澄んだ声。頭のなかで、どこか鉄塔か何か高いところに止まっている小さな鳥が、空に向かって嘴を上げ、身を震わせ、高らかに鳴いている、そんな画が見えてくる。
「あれは鳥の領空支配の声だ」と誰かに教えられて、「そんな味気ないつまらないことを言うな」と嘆いたのは山男の辻まことだったか。
彼はそれをつまらないことと思ったが、今朝の私はなんだかそうは思わない。
始まったばかりのまっさらの朝に「ここに自分がいる、ここが自分の居場所だ」と堂々と懸命に主張している小さな鳥。なにかとてもすがすがしく、崇高な気がする。
たとえ、ただのちっぽけな縄張り意識、自己の存在の主張だとしても、あんなに澄んだきれいな声で、聞いている私の耳を今喜ばせて幸福な気分にさせているのなら、それはもうとてつもなく立派なこと、素晴らしい奇蹟だ。
あの鳥のように、自分というものを、伝えられないものか。
[PR]
by zuzumiya | 2010-10-25 18:33 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11474945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧