金木犀は祝福の香り

ある朝、目覚めて窓を開けると空気が違う。いつもより清々しい感じです。わずかな風のそよぎで「あ、金木犀だ!」とわかるこの瞬間が好きです。金木犀の香りだした朝から、私の中では秋が始まります。そして、俄然、元気が出る。子供の頃、私の部屋の窓の真下に隣の家の金木犀が植わっていて、その金木犀が香り出すともうすぐ誕生日がくるとわかっていました。誕生日には離れて暮らす母が大きな丸ケーキとプレゼントを持ってきてくれます。育ててくれた祖母を寂しがらせないように注意しながらほんのひとときでも母に会えることが楽しみでした。だから、金木犀は祝福の香り。この時期、町中が金木犀の香りでいっぱいになります。春にそこここに桜を見つけるたび、花は人の心が植わっていることだと感じましたが、金木犀がこんなにも数多く植えられていて、人々がこの花を愛していて、この花の香りに幸せを感じて包まれて暮らしていることがうれしく思えるのです。

※金木犀は不思議な花。突然、香り出して、突然その香りが終わってしまいます。花はつ いていても香りはどんどん弱まり、ほんの2週間ほどでなくなってしまうようです。
 だから、香りを楽しめるうちに外へ出ましょう。散歩をしてみるとわかりますが、ほん とうに金木犀はそこら中にあります。春の沈丁花、夏の梔子も香りがありますが、きょ ろきょろと在処を探さなくて済むのはなんといっても金木犀です。
[PR]
by zuzumiya | 2010-10-11 09:18 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11406608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧