暮らしのまなざし

秋の物寂しさは…

あれだけ猛暑の続いた夏も「暑さ寒さも彼岸まで」の通りに、さらりと冷たい秋風が吹いて、すとんと終わってしまいました。ベランダで風に吹かれて遠くを見ると、新宿のビル群の赤い灯りの点々がくっきりと見えて、空気が澄んでいることがわかります。この秋から冬の澄んだ空気の中で見るビルやマンションの小さな灯りは、何度見てもなぜか胸を締めつけてきます。このせつなさの源は何だろうと考えて、ひとえにより遠くが見えてしまうからだと気づきました。空も澄んで遥かに高くなり、風景がみな遠くまですっかり見えて、気持ちが此処ではなく彼方へ、もっと遠くの何処かへと吸い寄せられてしまうのでしょう。そして、そんな彼方には何かが私を待っているような、あるいはもう一人の自分がそこで生きているような、そんな気にもなるのです。今此処にない人生を遠くに見ている感じ。秋の物寂しさのすべては、澄んだ空気が見せてしまう手の届かない「遠く」。

※今年は夏のこっぴどい暑さとの落差のせいか、秋の夜の冷ややかさ、物寂しさがひとし おです。そんな年もあってもいいのかな。
※でも、秋の夜長には読書と音楽と映画(ふだんと変わらず?)の楽しみが待っていま  す。今年は新しい作り手のものに挑戦したいです。
[PR]



by zuzumiya | 2010-09-25 10:59 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11330698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最近、久しぶりにマジに笑ったこと
at 2017-05-23 20:14
夢のなかの街
at 2017-05-20 09:32
母の日=妻の日
at 2017-05-14 18:37
ランチョンマットの食卓
at 2017-05-14 01:11
私の吉田さん2
at 2017-05-07 16:21

検索

ブログジャンル