深夜の街をひとり眺める

深夜の東京、中央区の街をカメラがひっそり散歩して行くという番組を見ました。終電が出た後の街角から隅田川の空がピンクに染まる夜明けまでの4、5時間程度。外灯に青白く照らされて、寝静まった街の路地をのんびり見て歩くのは不思議に安らかで癒されました。夜の11時。風呂上がりに扇風機をつけたら「あれ、風が涼しいな」。網戸の向こうからは風鈴がいい間合いで鳴り、闇からは静かに虫の声が聞こえます。こうやっていつの間にか熱帯夜が終わっていくんだなと思いながら、虫の声のする涼しい夜に眠ってしまうのが惜しくて、しばらく夜の街を眺めていました。点々と続く外灯の両端には闇に塗りつぶされた家々の屋根があって、それぞれの家族がすやすやと眠っていることの不思議。遠くのマンションの灯りがなぜか妙に人恋しくさせることの不思議。秋は夜から静かに浸透していきます。夜を見つめる心の中も徐々にしんみりと秋仕様になっていくのでしょう。

※何にもしないで、音楽も聞かないで、夜風に吹かれて、ただ深夜の街を眺めてみる。
 孤独を感じるか、安らぎを感じるか。そのときどきで違うのかもしれませんが、これか ら秋にかけてはそういう休日の夜もいいものです。
[PR]
by zuzumiya | 2010-08-22 01:56 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11164804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧