暮らしのまなざし

今日のことづけ

今日、とても哀しいことがあった。
同僚が朝の通勤途中に交通事故で亡くなった。
「記憶のシャッフル再生」のところでも書いたけれど、
ここのところ、何とはなしに死についてとか、自分に残された時間とか、
今まで気づいていなかった日常への感覚とか、
長田弘さんの『詩ふたつ』を読んで、いろいろ考えてたところもあったから、
いま、結構、堪えている。
昨日まで一緒にいて、一緒に昼ご飯を食べ、冗談を言っては笑い、
冷房のない暑いなか、一緒に、ほんとによく頑張って、同じテーブルで隣同士で働いた、
そんな人が、急にいなくなった。
また明日ねって、笑って手を振って別れたのに、
それが最後になってしまった。
こんなことってあるんだ。
いのちって、こんなにもあっけなく儚いものなんだ。

テレビでは戦争番組が流れている。
昨日から明日へ、時はちゃんと「いつものように」続いていくものとは限らない。
「行ってきます」と出て行った人が「ただいま」と無事に帰ってくることは、
当たり前なんかじゃなく、日々、小さな奇蹟なんだ。
昨日と今日は、家族にとって、もうぜんぜん違うものになってしまっただろう。
今日を境に家族の人生ははっきりと「線引き」されてしまっただろう。
たったひと晩、眠っただけなのに、運命の日が待っていたなんて。
でも、そういう人生を歩いてる。誰もが。

「いつものように」を泣いて乞うても、
「いつものように」がどんなに愛おしくよみがえっても、
もう叶えられないそんな日が、私にも、誰にも、いつか来る。
戦争の時のような、きりきりとした切迫さはないけれど、
今日という一日を与えられ、無事に生き通して、家族のもとに帰ってこられた、
もうこれだけの「いつものこと」で、恵まれたことと思わなくちゃいけないんだ。
降ってくる幸福も、落ちている幸福もない。
探すとか、願うとか、「なりたい」とか、そういうもんじゃない。
今、ここにこうしてあること、
振り向けばいつものように愛する人がそこにいること。
これだけが幸福。
だって今、この夜に、それだけを求めて、もうずっと泣いている人がいるのだから。

彼女はクリスチャンだった。
亡くなった後、同僚の一人が、
彼女がお弁当の前に、机の下で手を組んで、そっと目を閉じていたことを思い出した。
告別式の連絡が来て、そうだとわかった。
キリスト教において、死というのは神の元に召されるという記念なのだそうだ。
だから、仏教のように「お悔やみの言葉」はなく、
ちゃんと神様の元へ行けるよう、お祈りをするのだそうだ。
そうか、と思う。
私が冗談を言って笑わした時の、彼女の弾けた笑顔を思い出して、
そうか、そうか、と思った。
彼女がそこへ行きたいと、ずっと信じてきた場所へ今行くというなら、
祈ろうと思う。
どういう巡り合わせか、短い間だったけど、それでも思い出はいっぱいあるんだ。
ちゃんとある。

ほんとにありがとう。いろいろ、教えくれたね。
冷蔵庫にはレシピを教えてくれた「李家のタレ」がまだちょっと残ってる。
茶封筒に入った粉とうがらし、大事に使うからね。
皆に作ってきてくれたニラのいっぱい入ったチヂミ、あれ美味しかったなあ、ほんとに。
ごめんよ、遠慮しないでもっと食べとけばよかったよ。
図書室には冷房なかったから、大変だったけど、よく頑張ったぞ。
ブッカー切るとき、いつも頼ってばかりだったから、みんなわからなくて、
急にいなくなっちゃうから、みんなで顔見合わせたんだ。
あのとき、みんながしっかりしなきゃ、って思ったと思う。
覚えてるかな?
ブッカー初めて教えてもらって、うまく出来たとき、
「楽しい!」「うれしい!」って叫んだんだよ。
あのとき、仕事って楽しくしてもいいんだって、思った。
うれしい気持ちが新鮮だった。
本にブッカーかけられて、きれいになっていくのが気持ちいいって、感激してたなあ。
最後の日、廃棄本持って階段下りたとき、本を受け取ってたんだよ。
「がんばれ〜」なんて言っちゃってさ。
思い出すのは、にっこりの笑顔ばかりだ。
いろんなこと、教えてくれてありがとうな。
いいところ、生きてるうちに、さりげなく、いつもの冗談っぽく、
もっと言っておけばよかったよ。
それじゃ、告別式には教会に行くから。
神様のところへ行くんだから、もうそろそろ泣かないでな。
大きな光になって、子供を守れ。
[PR]



by zuzumiya | 2010-08-13 10:33 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11127316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧