暮らしのまなざし

こころ≒言葉であることを覚えておく

「北山修、最後の授業ーテレビのための精神分析入門」という番組の中で「言葉にすることで心が変容する」と知りました。すなわち、言葉にすることで考えは整理されるけれど、すべての想いを残さずに伝え切れやしないこと、出した言葉に引っ張られて逆に心が「そのように」微妙に軌道修正されてしまうということでしょうか。こうして文章を書いていてもいつでも「これが私の言いたい事のぜんぶ」だとも「今の心のままに確実に伝えられているはず」とも思えたことはありません。大切なのは文章でも口にした言葉でも、それがその人の心のすべてには足りていないということ、限りなく=に近い≒(近似値)が発せられているのだと認識することです。そして心のすべてを伝え切れていないことに対して、想像力を働かせましょう。「こういうことを言いたいのかな」と思い遣る気持ちです。そして、願わくばその想像力は良心から湧き出た力であってほしいと思うのです。

※誰かの色眼鏡をかけてものを見ていませんか。周りに影響されずに一度自分の素の目  で、心の目で見て判断しましょう。
※人間は奥深いものです。すぐに「○○な人」と判断してしまうのはやめませんか。
 いつでも、そしていつまでも、その人の一部しか知りえないのです。
[PR]



by zuzumiya | 2010-08-10 22:30 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11111805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

宿題終了
at 2017-05-28 22:00
お疲れ様はエレカシで
at 2017-05-26 21:05
今、いちばん困っていること
at 2017-05-25 22:11
最近、久しぶりにマジに笑ったこと
at 2017-05-23 20:14
夢のなかの街
at 2017-05-20 09:32

最新のコメント

検索

ブログジャンル