「やるべき仕事」と「やりたい仕事」を作る

市内の小・中学校の図書室を回って仕事をしています。よく話にのぼるのは「保護者による図書委員、ボランティアの年ごとのメンバーのやる気や熱心さによって活動の質に大きく差が出てしまう」という問題。こういう話は人が集まるところではよく聞く話で、マンションの組合の役員なども思い当たります。代がかわる際に生じる温度差を減らすには、まず面倒でも「マニュアル」や「引き継ぎのノート」を作っておくことでしょう。最低限の仕事のマニュアルに加えて、書き添えた方がいいポイントは「今年のメンバーによるオリジナルなやりたい企画を1つ実現すること」。人は誰でもその仕事や役を引き受けて面倒だなあと思う反面、やるからには何か面白いことを味わいたいと思っているはず。マニュアルによる「やるべき仕事」をただ順にこなすだけではなく「やりたい仕事」を作ることでやる気も出て、年ごとのカラーも現れ、それがゆくゆくは歴史になるのでしょう。

※「やるべき仕事」はマニュアルによってレベルや統一感は一定に保たれ、かつ「やりた い仕事」のアイデアを出して、楽しみが増えるのがいいと思います。
※「今年のカラー」は今年のもの。翌年のメンバーは良いものは引き継ぎますが、あとは バッサリ捨てましょう。新たに自分たちのカラーで1年間をやればいいのです。
[PR]
by zuzumiya | 2010-08-07 00:44 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/11092778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧