「美味しい」はきっとストーリーのなかにある

最近、美味しそうな食べ物が出てくる映画やドラマがずいぶんと増えました。映画なら「かもめ食堂」「めがね」「南極料理人」「食堂かたつむり」。ドラマでいえば「深夜食堂」「天使のわけまえ」。私のまわりの女性たちは皆さきほど挙げた映画やドラマを見ていて口々に「美味しそうなの」と言います。面白かったのがその中の1人が「見ていると癒される」と言ったこと。料理番組なら昔からありますが、情報番組から受ける「美味しそう」の感覚より、ドラマや映画のストーリーのなかで主人公が料理を作るシーンから受ける「美味しそう」の方がずっと心に残って、気持ちまで和ませているようなのです。たぶん、誰かのために料理を作っていく過程や出来上がった料理を一緒にもくもくと食べる姿が人を穏やかに懐かしい気持ちにさせ、安心させるのです。料理の技云々よりも、料理する思いや背景に支えられて「美味しい」が生まれていくことに気づいてきたのだと思います。

(今からできること)
※上で紹介した映画やドラマを見てみませんか。出てくる料理はもちろん「美味しそう」 なのだけれど、やさしい気分になれます。
※「美味しいもの食べれば元気が出るから」という台詞を思い出します(「天使のわけま え」より)。時代の気分はきっとグルメではなく、もっと家庭料理的なもので懐かしく ほっこり和みたいのでしょう。大切な人を思って料理をし、一緒に味わう原点へ。
[PR]
by zuzumiya | 2010-07-14 22:47 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/10975773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pretty_kitten at 2010-07-15 13:08 x
美味しいのが出てくる映画は私も好き。
疲れてたり、忙しくて心に余裕がないときも、ごはんを食べると前向きになれたりしますからね。
Commented by zuzumiya at 2010-07-15 17:55
お久しぶりです。不思議なことに料理のレシピの番組より、「美味しそう」に見えて、そして心が穏やかになるんですよね。みんなほんとに疲れてるんでしょうね。「お母さん」や「おふくろ」が家のなかに、いつのまにかいなくなっちゃったのかなあ。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

私の母はカッコイイ!
at 2017-09-19 20:34
私、見てたから
at 2017-09-19 15:23
私の流儀
at 2017-09-15 23:48
保育士あるある2
at 2017-09-13 21:05
シアワセは何かに託してはいけ..
at 2017-09-10 08:44

最新のコメント

検索

ブログジャンル