ベトナム映画で夏に浸る

夏になると見たくなる映画があります。ベトナムを舞台にしたトラン・アン・ユン監督の『青いパパイヤの香り』と『夏至』。どちらも映像が美しく、夏の季節感にあふれています。特に雨や水の質感の艶かしい撮り方や植物の生き生きとして張りのある緑、それを揺すぶる微風、夜の色合いと空気感、昆虫や鳥や魚のような小さな生き物の姿や音色までやわらかでみずみずしい生命力に満ちあふれています。もちろん、登場人物の女性たちのたおやかな美しさと官能は、まるで蓮の花かくちなしの花のようなアジアンビューティー。肌の湿り気、温気、艶やかに光る黒髪、女神のような微笑みと濡れた唇、そしてやさしい歌声。映画ではどちらも台所が中庭のような屋外なので、水気や土気に近くて、それがまた生命を料するという素朴な力強さに繋がっていて、遠い日のままごと遊び、やめられない水遊びも思い出されて、女性たちがしゃがんで料理をするシーンが特に好きです。

(今からできること)
※夏の美しさと詩情をどっぷり味わいましょう。雨のシーンや水、そして緑のきれいな映 画がおすすめです。季節の似たアジアの映画なら見つかりそうです。いろいろ探してみ ましょう。私は次に同じベトナムを舞台にした『季節の中で』(トニー・ブイ監督)や タイ映画の『わすれな歌』(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督)を見てみようと思い ます。
※トラン・アン・ユン監督作品は映像だけでなく、音楽も素敵。特に『夏至』はサントラ を持っていたくなるほどです。ルーリードの歌う「ペイル・ブルー・アイズ」は大好き で私も夏に聞くようになりました。
(ユン監督、村上春樹の「ノルウェーの森」を撮るそうです。期待しています)
[PR]
by zuzumiya | 2010-07-11 08:37 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/10956408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧