小さな子供がいてもいなくても

図書館の窓に折り紙で作られた紫陽花の飾りが貼ってありました。ふと、自分の保育士時代を思い出しました。あの頃は家の中も外も子育ての生活でしたが、今振り返ってみると季節感ある暮らしを楽しんでいたと思えます。特に絵本。絵本への興味が高まって、仕事兼趣味として毎月選んで買っていましたが、絵本専用として表紙を見せておける棚を購入して、季節に合った本を並べていました。雛祭りや七夕やクリスマスなど練習を兼ねて、リビングに折り紙や色画用紙で作った季節の飾り物を置いていました。これからは梅雨の季節です。保育所の窓にも素敵な紫陽花の飾りを保育士が作って貼ることでしょう。雨ばかりの嫌な時期でも、その季節ならではの良さを大事に愛おしむ気持ちや発見の楽しさを大人たちがまず知らせているのです。子育て中の方は子供の感性に添って童心に返りながら、手の離れた方は大人っぽくアレンジして、季節を楽しむ暮らしをずっと続けましょう。

(今からできること)
※子育て中は子供と一緒にいればいるほど発見があります。雨の日にする、わざわざ傘を さしての散歩など、大人ではあんまり考えられないことです。かたつむりは都心部では もういないのかしら。蛙の声も久しく聞かなくなりました。雨の日のいいところを探し て、かわりばんこに言いあうのも楽しいですね。図書館の「雨の絵本特集」も覗いてみ ましょう。
※雨の日の部屋の薄暗さもしいんとしていいものです。特に、白い花はよく似合うと思い ます。芍薬や薔薇や百合など、大ぶりの花を生けてみませんか。静かなクラシックや  ジャズをかけてゆるやかに過ごしましょう。花がなければ、画集や写真集を広げて飾る のも素敵です。
[PR]
by zuzumiya | 2010-06-15 12:48 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/10812116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧