笑う底ぢから

人間の逞しさは笑えるちからだと思います。つらいなあ、しんどいなあ、泣きたいなあと思う時に、どれだけ涙に抗ってしょうもないことに笑えるか。それがほんとうの逞しさです。笑っているだけで何も状況が変わっていなくとも、それでも生きて笑っているなら、それは馬鹿のようでも、逞しいのです。私たち親が子供のためにできることは、お金や財産を多く残すことよりも、ユーモアの精神を徹底して叩き込むことです。いついかなるときでも笑いを作り出せる大人に育てることです。そのために日々笑いの渦に子供を置きましょう。笑えるネタをいちいち探し、笑わせようとしかけ、馬鹿馬鹿しいことを言ってのけることが、苦の中の楽に到達するいちばん安上がりで賢くて平和的な方策であることを教えましょう。そして、いついかなるときでも笑いは見つかるものだということを信じさせましょう。いつかは笑った鼻息で暗雲が吹き散って、光る出口が見えてくるものです。

(今からできること)
※たった今から「笑おう!」と決めましょう。決める覚悟が必要な時もあります。
 笑う門には福来たるです。
※笑いは環境で育ちます。幼い頃、しょうもない祖父とおもしろおかしく暮らしたことが 私の性格の明るい面を確実に作ってくれたと思います。目に見えない財産なのです。  今、この年になってそれがとても貴重なことだったと思えます。
[PR]
by zuzumiya | 2010-06-09 11:14 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/10776151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧