音楽と詩

a0158124_044811.jpg今朝、引出しからふと手に取った一枚のCD。
フランスの夫婦デュオで「クリンペライ」の『トリステ』というアルバム。
いつ買ったのだか思い出せない。
「トリステ」の意味はたしか、哀しみだったかしら、と頭を傾げる。

ジャンルはトイ・ミュージック(玩具音楽)。
ほとんどがインストゥルメンタルで、
たまにハミングのような、鼻歌のようなものが入るけれど、
ピアニカやハモニカ、アコーディオン、トイピアノやたて笛やギター、タンバリンに
鉄琴、木琴のような素朴な楽器で演奏されている。
2分程度の、時にはもっと唐突に短い曲が、全部で41も入っている。
まるで、音楽の玉手箱。色とりどりのウィスキーボンボン。
それらの音楽は、たとえば、
街角の人形劇の小さな恋物語のような、
大道芸人の作った愛らしい風船の犬のような、
手品師の細長い指の間の嗤うジョーカーのような、
ささやかな影のようなドラマをもう孕んでいる。
アンビエント・ミュージックよりもはっきりと舞台が設えてあって、
音楽がそこに主人公とシナリオを求めて待っている感じがする。

a0158124_2253037.jpgそんな音楽に誘われて、一冊の詩画集を手にした。
私の好きな漫画家、やまだ紫の詩画集『樹のうえで、猫がみている』。
詩の一編ずつに淡白な、風のような人物と、
やけに存在感のある濃い猫の挿絵が描かれてある。
音楽が流れる。
目で文字を追う。
頭の中で静かに女の声が語りだす。




「うすあかり」

腕枕をし
好きな男が眠っている
わたしは嬉しくて眠れない
あっちやこっちへ寝返りをする
天井の豆電球を見つめてたりする

男がよく眠っていると
その胸に手を当てて心臓のリズムを読む
耳をつけて音を聴く
足をからませたり
横顔を見ていたり
くたびれて眠くなるのを待つ
こんなわずかな灯が欲しかっただけだ

その昔 わたしは
極寒の暗くて何も見えない憎しみばかりつのる
どろどろした沼の中で生きていたことがある




寝転がった猫が伸びをする。目が合う。
不思議なことに黙読するペースと一曲分がちょうどぴったりだった。
そして、面白いと、ひとり微笑んだ。
ページを捲る。
音楽もついてくる。
文字を目で追う。
再び、女が淡々と語りだす。




「くだもの」

くだものはたいてい
食べる気のおこらない固い皮をしている
皮を剥ぎ 小さく切り 幼い子に与える
くだものの味を覚えた子は
次からくだものの固い皮を見て欲しがる

男友達は くだものは
女が切り分けてくれるものと信じて
つま楊枝をもって待っている

好いてもいない相手に
子供のようにくだものを切るのは
不貞のようで腹立たしい

男友達は腹立たしい実を
またたく間にたいらげた




日差しが陰る。ふいに甘い匂いが増してくる。
音楽をかけながら、こうして詩を読むのも悪くないな、と思う。
どうして気がつかなかったのだろう。
音楽と詩。


(※「うすあかり」「くだもの」/やまだ紫『樹のうえで、猫がみている』より)
[PR]
by zuzumiya | 2010-04-15 00:08 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/10418015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

保育士あるある3
at 2017-09-24 12:22
CMに物申す
at 2017-09-23 17:30
一緒にいる理由
at 2017-09-23 14:14
ただでさえ怖いんだから
at 2017-09-23 13:45
私の母はカッコイイ!
at 2017-09-19 20:34

最新のコメント

検索

ブログジャンル