義母が詰めたポケットティッシュ

一人暮らしをするための息子の荷造りを手伝っています。行った先で困らないよう、あれもこれもと段ボールに詰め込むので息子に苦笑されています。我が家には毎年、夫の田舎の両親から季節の荷物が届きます。秋には葡萄、冬には林檎、暮れにはお正月のお餅や栗や干し柿。それ以外にもよくお米が届きます。嬉しいのはそんな荷物の中にお菓子や生活の品が入ってくることです。お菓子は毎回夫の好物のチョコレートですが、いつだったか荷物の隙間を埋めるようにたくさんのポケットティッシュが差し込まれていたことがありました。少しでも役立つものを詰めてやりたいという親の情を感じて、お菓子以上に感激しました。今日、息子の荷物の隙間にポケットティッシュを差し込む時、義母の顔が浮かんで、自分も親として義母に一歩近づけたうれしい気がしました。姑との関係も、時には苦労を重ねた母親の先輩として捉えてみると新鮮です。素直な学びができるものです。
[PR]
by zuzumiya | 2010-03-10 11:35 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/10154231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧