食生活はお皿や器からも考えてみましょう

家族に楽しく、偏りなく食べてもらうための工夫として、お皿も重要だと思っています。例えば、食卓に大皿で皆が自分のほしい分だけ取って食べる方法では、子どもはもし大皿の中身が嫌いなものだったら、手を出さないで済ませてしまいます。あらかじめ、小鉢や小皿でこれだけは食べさせたい量を取って、家族それぞれの前に並べてしまえば、目が喜んで、素直に食べてくれるものです。たくさんのおかずが並ぶ楽しさとバランスの良さ、味付けのバラエティと小鉢・小皿料理の長所は多いです。それから、例えば朝食にはワンプレートがおすすめです。大きなお皿に三つばかりの仕切りが付いていて、お子様ランチのように料理を乗せられます。例えばパン派なら、サラダや卵料理、ベーコンやウインナーなどのお肉、あるいは季節のフルーツと彩りよく朝食に最低限必要なものを一つの大皿に乗せてしまえます。バランスもよく、忙しい朝には何より洗い物が少なくて楽です。
[PR]
by zuzumiya | 2010-03-01 09:57 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/10080651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

保育士あるある3
at 2017-09-24 12:22
CMに物申す
at 2017-09-23 17:30
一緒にいる理由
at 2017-09-23 14:14
ただでさえ怖いんだから
at 2017-09-23 13:45
私の母はカッコイイ!
at 2017-09-19 20:34

最新のコメント

検索

ブログジャンル